【スプレッドシート】ダウンロード方法とファイル形式|ワークブック・シート

今回は、パソコンのブラウザから利用するGoogle スプレッドシートで、ファイル全体(ワークブック)・シートをダウンロードする方法と、ダウンロードできる形式の紹介です。

また、スマホ・タブレットのGoogle スプレッドシートアプリで、ファイルをダウンロードする方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

ファイル全体・シートをダウンロードする方法

以下、Googleスプレッドシートのワークブック・シートをダウンロードする方法となります。

メニューバー内にある「ファイル」メニューから、「形式を指定してダウンロード」を選択し、表示された選択肢の中からダウンロードしたいファイル形式を選びダウンロードします。

メニューバー内にある「ファイル」メニューから、「形式を指定してダウンロード」を選択した状態の画像
メニューバー内にある「ファイル」メニューから、「形式を指定してダウンロード」を選択した状態の画面

また、Googleスプレッドシートではダウンロードするファイル形式により、ワークブック(すべてのシート)をダウンロードするものと、選択中のシートのみをダウンロードするものがあります。

ダウンロードできるファイル形式

以下、スプレッドシートをダウンロードする際に選択できるファイル形式となります。

ファイル全体(ワークブック)をダウンロードするファイル形式

以下のファイル形式は、ファイル全体(ワークブック)をダウンロードします。

Microsoft Excel(.xlsx)

エクセルで使用できるExcelファイルとしてダウンロードします。

OpenDocument形式(.ods)

OpenDocumentフォーマットの表計算ファイルとしてダウンロードします。

PDFドキュメント(.pdf)

PDFファイルとしてダウンロードします。シートが複数の場合はシート毎にページが分割されます。選択したシートのみ、又は選択中のセルのみをPDFファイルとしてダウンロードすることも出来ます。

ウェブページ(.html、zip圧縮)

HTMLファイルをzip圧縮してダウンロードします。HTMLファイルはシート毎に作成され、ブラウザでアクセスすると表の部分を閲覧できます。

選択中のシートをダウンロードするファイル形式

以下のファイル形式は、選択中のシートをダウンロードします。

カンマ区切りの値(.csv)

データの項目間がカンマで区切られたCSVファイルでダウンロードします。

タブ区切りの値(.tsv)

データの項目間がタブで区切られたTSVファイルでダウンロードします。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。