【Nature Remo】IPアドレス・インスタンス名の確認方法|ターミナル・コマンドプロンプト

今回は、Nature RemoをLocal APIで操作する際に利用するNature Remoのインスタンス名・IPアドレスを、コマンドライン(Macのターミナル・Windows のコマンドプロンプトなど)で確認する方法となります。

また、Nature Remoとコマンドを入力するパソコンは同じローカルネットワークに接続されている必要があります。

Nature Remoのインスタンス名を確認する方法

コマンドラインからNature Remoのインスタンス名を確認する方法は、以下の手順となります。

まず、以下のコマンドを入力し実行します。

dns-sd -B _remo._tcp

そうすると次のような情報が返ってきます。

Browsing for _remo._tcp
DATE: ---Wed 15 Nov 2017---
12:27:52.349  ...STARTING...
Timestamp     A/R    Flags  if Domain               Service Type         Instance Name
12:27:52.603  Add        2  12 local.               _remo._tcp.          Remo-XXXXXX

返ってきた情報の中に「Instance Name」があり、その下にある「Remo-XXXXXX」の箇所にWi-Fiに接続しているNature Remoのインスタンス名が表示されます。

Nature RemoのIPアドレスを確認する方法

コマンドラインからNature RemoのIPアドレスを確認する方法は、以下の手順となります。

まず、上記方法で確認したインスタンス名を、以下のコマンド内の「Remo-XXXXXX」の箇所に入力し、コマンドを実行します。

dns-sd -G v4 Remo-XXXXXX.local

そうすると以下のような情報が返ってきます。

DATE: ---Wed 15 Nov 2017---
12:30:58.520  ...STARTING...
Timestamp     A/R Flags if Hostname                               Address                                      TTL
12:30:58.735  Add     2 12 Remo-XXXXXX.local.                     X.X.X.X                                     120

返ってきた情報の中に「Address」があり、その下にある「X.X.X.X」の箇所にNature RemoのIPアドレスが表示されます。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。