【PHP】var_dumpの出力結果を、ページ上に整形された状態で表示する方法

PHPのvar_dump()は、変数の中身の情報を出力することが出来る関数となり、PHPをデバッグする際によく使用します。

var_dump()の出力結果は、Chromeのデベロッパー・ツールの「Elements」画面では、整形された状態で表示されますが、ページ上では改行・スペースがなく整形されていない状態で表示されます。

今回は、そのvar_dump()の出力結果を、ページ上でも整形された状態で表示する方法の紹介となります。

var_dump()の出力結果を、ページ上に整形された状態で表示する方法

以下は、配列が格納されている変数をvar_dump()で出力するソースコードの例となります。var_dump()は出力結果を表示したい場所に記述します。

<?php
$array = array( "エムバペ", "ムバッペ", "ンバペ", "ンバッペ" );
echo('<pre>');
var_dump( $array );
echo('</pre>');
?>

上記ソースコードのように、var_dump()をHTMLの<pre>タグで囲むことにより、ページ上でvar_dump()の出力結果を、改行・スペースがある整形された状態で表示することが出来ます。

参照サイト・書籍

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。