【Nature Remo】赤外線信号の取得・送信|ターミナル・コマンドプロンプト

Nature RemoはWiFi機能の付いた赤外線リモコンデバイスとなり、赤外線リモコンで操作できる家電をスマホのアプリやスマートスピーカーなどから操作できます。

今回は、そのNature RemoのローカルAPIを使用して、CUI(Macのターミナル・Windows のコマンドプロンプトなど)から、Nature Remoからリモコンの赤外線信号を取得・送信する方法となります。

赤外線信号の取得

以下の手順がCUIを使い、Nature Remoからリモコンの赤外線信号を取得・送信する方法となります。また、Nature Remoとコマンドを入力するパソコンは同じローカルネットワークに接続されている前提となります。

CUIを使いNature Remoから赤外線信号を取得・送信するには、Nature Remoの「IPアドレス」又は「ローカルネットワーク名」が必要となります。わからない場合は以下のリンク先参考にしてみてください。

赤外線信号を保存

まず、Nature Remoに向けて取得したいリモコンのボタンを押します。すると、Nature Remoが青く点滅しリモコンの赤外線信号が保存されます。

保存した赤外線信号の取得

上記方法でNature Remoに保存した赤外線信号を取得するには、以下のcurlコマンドを入力し実行します。以下コマンドのURL内「XXXX」の箇所には、Nature Remoの「IPアドレス」又は「ローカルネットワーク名」を入力します。

※Nature Remoのローカルネットワーク名は、ローカルホスト名に.localを追加したRemo-XXXXXX.localのような値となります。

curl -X GET 'http://XXXX/messages' -H 'X-Requested-With: curl' -H 'accept: application/json'

すると、以下の様な赤外線信号を表すJSONが返ってきます。JSON内のキー名"freq"と"data"の値は、赤外線信号によって違った数字とカンマの羅列が表示されていると思います。

{"format":"us","freq":XX,"data":[XXXXXXXX]}

赤外線信号の送信

Nature Remoから赤外線信号を送信するには、以下のcurlコマンドを入力し実行します。

以下コマンドのURL内「XXXX」の箇所には、Nature Remoの「IPアドレス」又は「ローカルネットワーク名」を入力し、{"format":"us","freq":XX,"data":[XXXXXXXX]}の箇所には、上記の方法で取得した赤外線信号を表すJSONを指定します。

※Nature Remoのローカルネットワーク名は、ローカルホスト名に.localを追加したRemo-XXXXXX.localのような値となります。

curl -X POST 'http://XXXX/messages' -H 'X-Requested-With: curl' -H 'accept: application/json' -d '{"format":"us","freq":XX,"data":[XXXXXXXX]}'

参照サイト・書籍

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。