【Nature Remo × Tasker】帰宅時にテレビ・照明などのリモコン操作を自動で行う設定

AndroidアプリのTaskerは、設定した条件によって、スマートフォンにさまざまな命令をすることが出来るアプリ。そして、Nature RemoはWiFi機能の付いた赤外線リモコンデバイス。

今回は、TaskerとNature Remoを連携させる例となり、指定した時間内に帰宅すると自動でテレビと照明をつける例となります。

Nature Remoのアプリでも「ルール」を設定するこにより自動設定は行なえますが、Taskerを使用することで、より複雑な条件でNature Remoの自動設定が行えます。

なお、照明器具を赤外線で操作できるようにするため、以下のリモコンスイッチを利用しました。

の画像

天井照明 リモコンスイッチ OCR-04W

天井の照明器具をリモコンで便利に操作

TaskerとNature Remoを利用し、帰宅時にテレビ・照明を自動でつける例

タスクの流れ

今回の例で作成するタスクの流れは以下となり、帰宅時(自宅のWi-Fi接続時)に実行させます。

  1. 帰宅時刻が午後6:01から午前3:59の場合に以下を実行
  2. Nature RemoのCloud APIを使い、赤外線信号を送信してテレビと照明のスイッチをオン
  3. 「スイッチオン」と記したポップアップをスマホ画面に表示

TaskerからNature Remoを操作する方法ついて

今回の例では、TaskerからNature Remoを操作するために、Nature RemoのCloud APIを使用します。それには、以下の「アクセストークン」と「Signal ID」が必要となります。

アクセストークンの発行

Nature RemoのCloud APIを使用するには、APIのアクセストークンが必要となります。アクセストークンの発行方法は、以下のリンク先を参考にしてみてください。

Signal IDの取得

Cloud APIを使用しNature Remoから赤外線送信を行うには、アプリで赤外線ボタンを登録した際に、ボタン毎に割り振られるSignal IDが必要となります。Signal IDの取得方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

タスクを作成

タスクのアクションを設定

次に以下の通りタスクのアクションを追加・設定します。

TASKSタブ内の画面右下にある「+」ボタンを押すと、タスク名を入力するダイアログが表示されるので、タスク名を「帰宅スイッチオン」と入力し新規タスクを作成します。

新規タスクを作成すると「Task Edit」画面に移行するので、画面の右下にあるアクションを追加する「+」ボタンから、以下の順番でアクションを追加・設定します。

また、一つのアクションを設定し終えたら「戻る」ボタンで「Task Edit」画面に戻り、次のアクションを追加します。

  1. カテゴリー「Task」から「If」アクションを追加し、設定画面で「Condition」を「%TIME >18 OR %TIME<4」とします。 
    アクション「If」の設定画面。
    アクション「If」の設定画面。「Condition」を「%TIME >18 OR %TIME<4」とします。
  2. カテゴリー「Net」から「HTTP Post」アクションを追加し以下を設定します。
  3. 「HTTP Post」設定画面の「Server:Port」に、「https://api.nature.global/1/signals/XXXXXXXX/send」と入力。XXXXXXXXの箇所は、テレビの赤外線送信ボタンのSignal IDを指定します。
  4. 「HTTP Post」設定画面の「Data/File」に、「access_token=XXXXXXXX」を入力。XXXXXXXXの箇所は発行した自身のアクセストークンを指定します。
    「HTTP Post」の設定画面
    「HTTP Post」の設定画面。「Server:Port」と「Data/File」をぞれぞれ入力します。
  5. 次の赤外線送信のタイミングを開けるため、カテゴリー「Task」から「Wait」アクションを追加し、設定画面の「Seconds」欄を「2」に設定します。
    アクション「Wait」の設定画面。
    アクション「Wait」の設定画面。「Seconds」欄を「2」に設定します。
  6. カテゴリー「Net」から「HTTP Post」アクションを追加し以下を設定ます。
  7. 「HTTP Post」の設定画面の「Server:Port」に、「https://api.nature.global/1/signals/XXXXXXXX/send」と入力。XXXXXXXXの箇所は、照明リモコンの赤外線送信ボタンのSignal IDを指定します。
  8. 「HTTP Post」の設定画面の「Data/File」に、「access_token=XXXXXXXX」を入力。XXXXXXXXの箇所は発行した自身のアクセストークンを指定します。
  9. カテゴリー「Alert」から「Popup」アクションを追加し、設定画面で「Text」の欄に「スイッチオン」と入力し、「Timeout」を「3」とします。
    アクション「Popup」の設定画面。
    アクション「Popup」の設定画面。「Text」の欄に「スイッチオン」と入力し、「Timeout」を「3」とします。

    以上がタスク・アクションの設定となります。また、例では「access_token=XXXXXXXX」をアクション設定画面で、その都度入力しましたが、何度か使用する値はあらかじめ変数に格納しておくと、その変数を使い設定できるので便利だと思います。

「自宅」と「外出」を判断

例では、帰宅時の判断をするために以下のページにある「自宅」と「外出」を判断するプロファイルを使用しています。そのため、以下のページを参考に「自宅」と「外出」を判断するプロファイルを作成します。

帰宅時を実行条件とするプロファイルを作成

上記ページ内にある「自宅」と「外出」を判断するプロファイルを作成すると、帰宅時に変数%MYLOCの値に0がセットされるようになります。

そして、その変数%MYLOCを使い、帰宅時にタスク「帰宅スイッチオン」を実行させるプロファイルを、以下の手順で作成します。

  1. PROFILESタブの「+」ボタンを押し「State」を選択
  2. Stateのメニューからカテゴリー「Variables」を選択
  3. Variablesのメニューから「Variable Value」を選択
  4. Variable Valueの設定画面で、「Conditions」の欄を「%MYLOC =0」と設定し、「戻る」ボタンを押します。
    Variable Valueの設定画面。
    「Variable Value」の設定画面。「Conditions」の欄を「%MYLOC =0」とします。
  5. タスクを選択する画面が表示されるので、作成したタスク「帰宅スイッチオン」を選択

以上が今回の例の設定となり、指定した時間内に帰宅すると自動でテレビと照明をつけることが出来るようになります。

参照サイト・書籍

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。