SSHのconfigファイルを作成し、接続コマンドを簡単にする例【Mac】

Macから、ターミナルなどのCLIコマンドでレンタルサーバーを操作したい場合、サーバーによっては以下のリンク先のようにSSH接続を利用し操作できます。

上記リンク先の設定を行うことで、次のコマンドで公開鍵認証のSSHでMacからサーバーに接続が可能になります。

ssh ユーザー名@ホスト名 -i 秘密鍵ファイルのパス -p ポート番号

今回は、上記のSSH接続のコマンドよりも、簡単なSSH接続のコマンドにして、接続時の設定を追加する方法となります。

SSH接続を簡単なコマンドにして、接続時の設定を追加する方法

SSH接続は、config(設定)ファイルを作成することで、簡単なコマンドにでき、接続時の設定を追加できます。

以下、そのconfigファイルの作成手順となります。また、configファイルを作成する前提として、上記SSHのコマンドでMacからサーバーに接続できる状態としておきます。

SSH接続のconfigファイルを作成|vimエディタ

まず、ターミナルなどのコマンドで利用できるテキストエディタのvimを利用し、ホームディレクトリ直下にある.SSHフォルダにconfigファイルを作成します。

以下、vimで新規ファイルを作成するコマンドとなります。

vim ~/.ssh/config

configファイルが作成されるので、次にキーボードのiを押して、ファイルに文字を挿入できるファイル編集画面とします。

ファイル編集画面となるので、以下のSSH接続の設定を記述します。ホスト名・ユーザー名・ポート番号の箇所には、SHH接続をするサーバーのそれぞれの情報を記述します。

Host 接続コマンド名(任意の名前)
    HostName ホスト名
    User ユーザー名
    IdentityFile ~/.ssh/秘密鍵のファイル名
    Port ポート番号

また、configファイル内には、SSH接続時の設定を追加することもできます。設定項目については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

SSH_CONFIG (5)

次に、キーボードのescを押して、ファイル編集画面を終了します。

このままでは、まだvimエディタの画面となるので、以下のキーでconfigファイルを保存して閉じて、vimエディタを終了します。

:wq

configファイルのパーミッションを変更

最後に、以下のコマンドで作成したconfigファイルのパーミッションを600とします。

chmod 600 ~/.ssh/config

簡単なコマンドでSSH接続

上記設定により、configファイル内の「接続コマンド名」を利用した以下のコマンドで、SSH接続が可能になります。

ssh 接続コマンド名

参考サイト、参考書籍

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。