Composerをインストールして利用する方法|Homebrewでのインストール【PHP】

Composer(コンポーザー)は、PHPのパッケージ・ライブラリの依存関係を管理するツールとなり、コマンドラインで利用します。

今回は、そのComposerをHomebrewを利用してMacにインストールする方法となります。

Homebrew(ホームブリュー)は、macOSのパッケージ(ソフトウェアやライブラリ)をコマンドラインで一元管理できるツールとなります。Homebrewのインストール方法などは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

ComposerをHomebrewでインストールする方法

以下、HomebrewでComposerをインストールするコマンドとなります。

brew install composer

また、以下のコマンドで、Homebrewでインストールしたすべてのパッケージを確認できます。

brew list

Composerのバージョン・ヘルプを確認

インストールしたComposerのバージョン・ヘルプを確認するコマンドは、以下となります。

バージョンを確認

composer -V

ヘルプを確認

composer -h

Composerの利用方法

パッケージをプロジェクトにインストールする方法

Composerのパッケージをプロジェクトにインストールする場合、プロジェクト内でComposerを配置するディレクトリ(Composerのルート)にcdコマンドで移動し、次のコマンドを実行します。

composer require パッケージ名

それにより、Composerのルート直下にcomposer.jsonが作成され、パッケージをインストールできます。

また、composer.json内のrequireの値にはインストールしたパッケージ名が追加されます。

パッケージを利用する方法

Composerでインストールしたパッケージを利用するには、パッケージインストール時にComposerのルート直下に作成されるvendor内のautoload.phpを読み込みます。

例えば、PHPファイル内でautoload.phpを以下のように読み込みます。

require __DIR__ . '/vendor/autoload.php';

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。