【PHP】同じ文字列で分割・結合する関数|explode()・implode()

今回は、PHPで文字列を分割する関数explode関数と、文字列を結合するimplode関数の例となります。

一つの文字列を、同じ文字列で分割|explode関数

explode関数は、第2引数に指定した文字列を、第1引数に指定した文字列の箇所で分割し、配列で返します。

以下、explode関数の例となります。

$str  = "piece1|piece2|piece3";
$result = explode("|", $str);

print_r($result);

上記の出力結果は、次の配列となります。

Array ( 
	[0] => piece1 
	[1] => piece2 
	[2] => piece3 
)

また、explode関数は、第3引数に分割する上限を整数で指定できます。

また、第3引数に負の値を指定した場合には、分割した要素から第3引数の値を引いた要素数の配列を返します。

配列の要素を、同じ文字列で結合|implode関数

implode関数は、第2引数に指定した配列の要素を、第1引数の文字列で結合し返します。

以下、implode関数の例となります。

$array = [
	'piece1',
	'piece2',
	'piece3'
];
$result = implode("|", $array);

print_r($result);

上記の出力結果は、次の文字列となります。

piece1|piece2|piece3

参考サイトなど

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。