【PHP】ループごとに変数を作成する例|可変変数を使い動的に変数を生成

今回は、PHPのループ内で可変変数を使い、ループ回数ごとに変数を生成する例となります。

【PHP】ループ内で可変変数を使い、変数を動的に作成する例

以下、PHPのループ内で可変変数を使い、変数を動的に生成する簡単な例となります。

$english = ["zero", "one", "two"] ;
for($i=0; $i<=2; $i++){
	// 可変変数を使い変数を生成し、値をセット
	${'number_'. $i} = $english[$i];
	echo $i . 'は' . ${'number_'. $i} . '<br>';
}

上記例の出力結果は以下となります。

0はzero
1はone
2はtwo

可変変数について

可変変数では、${}内で変数を利用することで、その変数の値を利用した変数を生成することができます。

上記例では、ループ内で可変変数を使い、$number_0・$number_1・$number_2という変数を生成し、それぞれの変数に値をセットして出力しています。

また、可変変数を扱う方法は、${}以外にもあります。詳しくは文末の参考サイトを確認してみてください。

可変プロパティ名について

また、クラスのプロパティには、可変プロパティ名を利用しアクセスすることもできます。詳しくは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

参考サイトなど

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。