【VSCode】settings.jsonを開いて表示する方法と、デフォルト設定を確認する方法

Visual Studio Code(以下、VSCodeと表記)では、設定変更をJSONファイルで管理しますが、今回は、そのJSONファイルを開く方法と、VSCodeのデフォルト設定を確認できるファイルを開く方法となります。

また、記事内のVSCodeに関する表記は、拡張機能「Japanese Language Pack」でVSCodeを日本語化した場合の表記となります。

設定からsettings.jsonを開く方法

以下の手順は、VSCodeの設定からVSCode全体の設定変更を管理するsettings.jsonファイルを開く方法となります。

  1. VSCodeの画面左下にある歯車アイコンをクリックします。
    VSCodeの画面左下にある歯車アイコンの画像
  2. 表示されるメニューから「設定」を選択します。VSCodeの画面左下にある歯車アイコンを選択した状態の画像
  3. 「設定」のタブが表示され、タブ一覧の右端の方に、設定を管理するJSONファイルを開くアイコンが追加されるので選択します。
    「設定」タブを表示した状態の画像
    「設定」タブを表示した状態。矢印の先のアイコンをクリックすると「settings.json」タブが表示されます

上記手順により、settings.jsonファイルを開くことができます。settings.json内では、設定変更をJSONオブジェクトの要素に追加して管理します。

また、「設定」のタブは以下のショートカットキーでも表示できます。

Mac command + , 
Windows Ctrl + ,

設定の適用範囲について

VSCodeでは設定変更を適用する範囲を、以下の範囲で変更できます。

  • ユーザー(VSCode全体)
  • ワークスペース(ワークスペースごと)
  • フォルダ(ワークスペース直下のフォルダごと)

今回のsettings.jsonファイルは、「ユーザー」の設定変更を管理するJSONファイルとなります。

それぞれのJSONファイルを表示する場合には、設定変更を適用する範囲を変更した後に、上記手順でJSONファイルを開きます。

設定を適用する範囲を変更

設定変更を適用する範囲は、設定内の検索ボックスの下にあるタブで変更できます。

設定タブ内にある設定変更を適用する範囲を変更するタブの画像
設定内にある設定変更を適用する範囲を変更するタブ。

コマンドパレットから「settings.json」と「デフォルト設定を確認できるファイル」を開く方法

以下の手順は、コマンドパレットから「settings.json」ファイルと、VSCodeのデフォルト設定を確認できる「defaultSettings.json」ファイルを開く方法となります。

  1. メニューバーから「表示」>「コマンドパレット」を選択します。
  2. コマンドパレットに、 settings json と入力します。
  3. コマンドパレットの検索結果に表示される「基本設定: 設定(JSON)を開く」を選択するとsettings.jsonが開き、「基本設定: 規定の設定(JSON)を開く」を選択するとdefaultSettings.jsonが開きます。

コマンドパレット(command palette)については、以下のリンク先を確認してみてください。

「settings.json」と「デフォルト設定」を同時に表示

また、settings.jsonを開いた際に、settings.jsonとデフォルト設定を確認できる画面を、2ペインで同時に表示することも可能です。

詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。