【VSCode】settings.jsonを表示・確認する方法と、デフォルト設定を表示する方法

Visual Studio Code(以下、VSCodeと表記)では、設定の変更をsettings.jsonファイルで管理しますが、今回は、そのsettings.jsonファイルを表示・確認する方法となります。

また、以下のVSCodeに関する表記は、拡張機能「Japanese Language Pack」でVSCodeを日本語化した場合の表記となります。

【VSCode】settings.jsonを表示・確認する方法

  1. VSCodeの画面左下にある歯車アイコンをクリックし、表示されるメニューから「設定」を選択します。
    VSCodeの画面左下にある歯車アイコンを選択した状態の画像
    画面左下にある歯車アイコンを選択した状態
  2. 「設定」タブが追加され、タブ一覧の右端の方に「{}」アイコンが表示されるので選択します。
    「設定」タブを追加した画面の画像
    「設定」タブを追加した状態
  3. settings.jsonファイルのタブが追加され、ファイルを確認・編集できます。

「設定」を表示するショートカットキー

「設定」を表示するショートカットは、それぞれ以下となります。

Mac command + , 
Windows Ctrl + ,

settings.jsonとデフォルト設定を同時に表示する方法

また、settings.jsonファイルに、以下の設定を追加し保存すると、「{}」アイコンで開くタブが「ユーザー設定」となり、settings.jsonファイルの内容とデフォルト設定を同時に表示できます。

"workbench.settings.useSplitJSON": true,

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。