【VSCode】settings.jsonを開いて表示する方法と、デフォルト設定を確認する方法

Visual Studio Code(以下、VSCodeと表記)では、設定の変更をsettings.jsonで管理しますが、今回は、そのsettings.jsonファイルを開いて表示する方法と、settings.jsonのデフォルト設定を確認する方法となります。

また、以下のVSCodeに関する表記は、拡張機能「Japanese Language Pack」でVSCodeを日本語化した場合の表記となります。

設定からsettings.jsonを開く方法

以下の手順は、VSCodeの設定からsettings.jsonファイルを開く方法となります。

  1. VSCodeの画面左下にある歯車アイコンをクリックし、表示されるメニューから「設定」を選択します。
    VSCodeの画面左下にある歯車アイコンを選択した状態の画像
    画面左下にある歯車アイコンを選択した状態
  2. 「設定」タブが表示され、タブ一覧の右端の方に「settings.json」を開くアイコンが追加されるので選択します。
    「設定」タブを表示した状態の画像
    「設定」タブを表示した状態。矢印の先のアイコンをクリックすると「settings.json」タブが表示されます

上記手順により、settings.jsonファイルを開くことができ編集できます。

また、「設定」タブは以下のショートカットキーで表示できます。

Mac command + , 
Windows Ctrl + ,

コマンドパレットから「settings.json」と「デフォルト設定を確認できるファイル」を開く方法

以下の手順は、コマンドパレットから「settings.json」ファイルと、settings.jsonのデフォルト設定を確認できる「defaultSettings.json」ファイルを開く方法となります。

  1. メニューバーから「表示」>「コマンドパレット」を選択します。
  2. コマンドパレットに、 settings json と入力します。
  3. コマンドパレットの検索結果に表示される「基本設定: 設定(JSON)を開く」を選択するとsettings.jsonファイルが開き、「基本設定: 規定の設定(JSON)を開く」を選択するとdefaultSettings.jsonファイルが開きます。

また、コマンドパレット(command palette)については、以下のリンク先を確認してみてください。

「settings.json」と「デフォルト設定」を同時に表示する方法

settings.jsonに以下の設定を追加し保存すると、settings.jsonファイルを開いた際に、「settings.json」と「デフォルト設定」を2ペインで同時に表示できるようになります。

"workbench.settings.useSplitJSON": true,
「settings.jsonファイルの内容」と「デフォルトのユーザー設定」を同時に表示した画像
「デフォルト設定」(左側)と「settings.json」(右側)を同時に表示した状態

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。