国際機関の統計データ・情報を取得できるAPIまとめ|国連・OECD

今回は、国際機関が提供する統計データ・情報を取得できるAPIのまとめとなります。

また、日本の行政や民間企業が提供する統計データ・情報を取得できるAPIについては、以下のリンク先を参考にしてみてください。

国際機関が提供する統計データ・情報を取得できるAPIのまとめ

国連・国際機関のデータ|UNdata

UNdataは、国連やその他の国際機関によって編集された、さまざまな統計データを検索・ダウンロードできるサイト。

そのUNdataでは、統計データを取得できるAPIがあります。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

UNdata | api manual

紛争・災害・自然災害などの情報|ReliefWeb

ReliefWeb(リリーフウェブ)は、国際連合人道問題調整事務所(OCHA)が運営するサイトとなり、世界の紛争・災害・自然災害・人道支援の状況を確認できます。

そのReliefWebでは、サイト内の情報を取得できるAPIがあります。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

ReliefWeb API | ReliefWeb

国際貿易のデータ|UN Comtrade Database

UN Comtrade Databaseは、国連が運営する国際貿易の統計データを扱えるサイト。170を超える国・地域が貿易のデータを提供しています。

そのUNComtradeでは、統計データを取得できるAPIがあります。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

Index | UN Comtrade: International Trade Statistics

OECD のデータ|OECD Data

『OECD  Data』では、最新のOECD(経済協力開発機構)のデータ(図表・地図・表・関連出版物)を検索、比較、共有できるサイト。

そのOECD  Dataでは、OECDのデータを取得できるAPIがあります。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

OECD data for developers

OECDについて

1948年,米国による戦後の欧州復興支援策であるマーシャル・プランの受入れ体制を整備するため,欧州経済協力機構(OEEC)がパリに設立されました。その後,欧州経済の復興に伴い,欧州と北米が対等のパートナーとして自由主義経済の発展のために協力を行う機構としてOEECは発展的に改組され,1961年に経済協力開発機構(OECD:Organisation for Economic Co-operation and Development)が設立されました。

OECD(経済協力開発機構)の概要|外務省

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。