VSCode内のターミナルの設定変更をする例|フォントサイズ・行の高さの変更

今回は、Visual Studio Code(以下、VSCodeと表記)のターミナルの設定を変更する例となり、ターミナルの文字サイズ・行の高さを変更する方法となります。

VSCodeのターミナルの設定変更をする例

文字サイズを変更

以下、設定の画面とsettings.jsonファイル、それぞれでターミナルのフォントサイズを変更する方法となります。

設定の画面から変更する場合

  1. VSCodeの画面左下にある歯車アイコンをクリックします。
    VSCodeの画面左下にある歯車アイコンの画像
  2. 表示されるメニューから「設定」を選択します。VSCodeの画面左下にある歯車アイコンを選択した状態の画像
  3. 設定内の上部にある検索ボックスで、「terminal.integrated.fontSize」を検索します。
  4. 設定「terminal.integrated.fontSize」の値が表示されるので、変更したいフォントサイズの値を入力します。

settings.jsonファイルから変更する場合

settings.jsonファイルを開き、設定を管理するオブジェクトに以下の要素を追加して保存します。要素の値にはフォントサイズを指定します。以下の例ではフォントサイズを15pxとしています。

"terminal.integrated.fontSize": 15,

行の高さを変更

以下、設定の画面とsettings.jsonファイル、それぞれでターミナルの行の高さを変更する方法となります。

設定の画面から変更する場合

  1. VSCodeの画面左下にある歯車アイコンをクリックします。
    VSCodeの画面左下にある歯車アイコンの画像
  2. 表示されるメニューから「設定」を選択します。VSCodeの画面左下にある歯車アイコンを選択した状態の画像
  3. 設定内の上部にある検索ボックスで、「terminal.integrated.lineHeight」を検索します。
  4. 設定「terminal.integrated.lineHeight」の値が表示されるので、変更したい文字間の値を入力します。

settings.jsonファイルから変更する場合

settings.jsonファイルを開き、設定を管理するオブジェクトに以下の要素を追加して保存します。要素の値に行の高さを指定します。以下の例では行の高さを1.2pxとしています。

"terminal.integrated.lineHeight": 1.2,

VSCodeの設定変更について

VSCodeの設定変更は、設定の画面、または設定変更を管理するJSONファイルで行います。記事内では、それらの詳細な利用方法は割愛していますので、詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

VSCodeのターミナルの設定一覧を確認する方法

また、設定の画面で、すべてのターミナルの設定を確認するには、以下の方法があります。

  • 設定内の左カラムのメニューにある「機能」>「ターミナル」を選択
  • 設定内の検索ボックスで「terminal」を検索

上記、いずれかの方法で、設定画面の右カラムに、VSCodeのターミナルの設定一覧を表示できます。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。