【スプレッドシート】 セル内のテキストを結合して表示する方法|TEXTJOIN関数

今回はGoogleスプレッドシートで、指定したセル内のテキストを結合して表示する方法となります。

【スプレッドシート】 セル内のテキストを結合して表示する例

指定したセル内のテキストを結合して表示するには、TEXTJOIN関数を利用します。

例えば、B1からE1のセル内のテキストを結合して表示する場合は、以下の関数をセルに挿入します。

=TEXTJOIN(" ", TRUE, B1:E1)

TEXTJOIN関数の引数について

TEXTJOIN関数の引数には、それぞれ次の値を指定します。

第1引数(必須)

第1引数には、テキスト連結時の区切り文字を指定します。例では、" "を指定し区切り文字を半角スペースとしています。

第2引数(必須)

第2引数には、空のセルの処理方法を論理値で指定します。例のようにTRUEを指定すると空白セルは無視されます。FALSEを指定すると空白セルも追加するため、区切り文字がある場合、連続して区切り文字が追加されます。

第3引数(必須)

第3引数には、結合する文字列または範囲を指定します。例ではB1:E1の範囲を指定しています。

第4引数以降(任意)

第4引数以降も任意で指定でき、結合する文字列または範囲を追加で指定できます。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。