【スプレッドシート】セルの位置(セル番地)を取得する方法|ADDRESS関数

今回はGoogleスプレッドシートで、A7、C4、E10などセル参照で利用する位置(セル番地)を、関数で取得して表示する方法となります。

ADDRESS関数の引数について

セルの位置を表示するには、ADDRESS関数を利用し、引数にはそれぞれ次の値を指定します。

第1引数(必須)
取得するセル番地の行番号を指定します。
第2引数(必須)
取得するセル番地の列番号を指定します。(A は列番号 1、Bは列番号2 のように、アルファベット順を数値順で指定します。)
第3引数(任意・デフォルト値は1)
セル番地を絶対・相対参照で表示するかを指定します。
1を指定すると行・列ともに絶対参照。
2を指定すると行は絶対参照・列は相対参照。
3を指定すると行は相対参照・列は絶対参照。
4を指定すると行・列ともに相対参照で取得。
第4引数(任意・デフォルト値はTRUE)
セル番地の表記方法を指定します。
TRUEを指定するとA1型で表記(デフォルトの表記)。
FALSEを指定するとR1C1型で表記。R1C1型では「R」はRow(行)、「C」はColumn(カラム)を意味し、それらR・Cの数値順でセル番地を表します。
第5引数(任意)
別シートのセル番地を表示する場合。そのシート名を指定します。

【スプレッドシート】セルの位置(セル番地)を取得して表示する例

例えば、ADDRESS関数でB4のセル番地を表示する場合、次のパターンがあります。

行・列ともに絶対参照で表示

行・列ともに絶対参照となる「$B$4」を表示する場合、次の関数をセルに入力します。

=ADDRESS(4,2)

行は絶対参照・列は相対参照で表示

行は絶対参照・列は相対参照となる「B$4」を表示する場合、次の関数をセルに入力します。

=ADDRESS(4,2,2)

行は相対参照・列は絶対参照で表示

行は絶対参照・列は相対参照となる「$B4」を表示する場合、次の関数をセルに入力します。

=ADDRESS(4,2,3)

行・列ともに相対参照で表示

行・列ともに相対参照となる「B4」を表示する場合、次の関数をセルに入力します。

=ADDRESS(4,2,4)

R1C1型で表示

R1C1形式の「R4C2」を表示する場合、次の関数をセルに入力します。

 =ADDRESS(4,2,1,FALSE)

別シートのセル参照の位置

「シート2」の行・列ともに絶対参照となる「'シート2'!$B$4」を表示する場合、次の関数をセルに入力します。

 =ADDRESS(4,2,1,TRUE,"シート2")

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。