【bitFlyer】PHPでAPIを利用する簡単な例|ビットコインなどのデータを取得

『bitFlyer(ビットフライヤー)』は国内最大級の仮想通貨取引所。そのbitFlyerには、「bitFlyer Lightning」と呼ばれるサービスがあり、暗号資産(仮想通貨)の現物取引に加えて、FX・先物取引に対応しています。

そのbitFlyer Lightningでは、サービス内のデータ取得や取引を行えるAPIが公開されています。

bitFlyer LightningのAPIには、いくつかの種類がありますが、今回は、API キーによる認証が不要な HTTP Public APIを利用した、簡単なPHPのコードの例となります。

【bitFlyer Lightning】PHPでAPIを利用する簡単な例

例では、コマンドラインで、ビットコインと日本円のFX取引の板情報を取得します。

GuzzleをComposerでインストール

例では、ComposerライブラリのHTTPクライアントGuzzleを利用してAPIリクエストを行います。

そのため、任意の場所にプロジェクトフォルダを作成し、そのディレクトリに移動して以下のコマンドでGuzzleをインストールします。

composer require guzzlehttp/guzzle

また、ComposerやGuzzleの詳細については以下のリンク先を参考にしてみてください。

PHPファイルを作成

次に、プロジェクトディレクトリの直下ににファイルを作成し、以下のコードを記述します。また、例では作成するファイル名をsample.php としています。

<?php
//Guzzleを利用するためComposerのautoload.phpを読み込み
require __DIR__ . '/vendor/autoload.php';

use GuzzleHttp\Client;
$client = new Client();

// リクエストURL・クエリ文字列を指定
$response = $client->request('GET', 'https://api.bitflyer.com/v1/getboard', [ 
    'query' => [
        'product_code' => 'FX_BTC_JPY',
    ]
]);

// レスポンスデータを取得して出力
echo $response->getBody();

コマンドラインでファイルを実行

次に、cdコマンドラインでプロジェクトのルートディレクトリに移動して、次のコマンドを実行します。

php sample.php

それにより、ビットコインと日本円のFX取引の板情報を、JSONデータで取得します。

コマンドラインでJSONを整形する場合

また、コマンドラインではJSONデータは整形されていませんが、「jq」というツールをインストールしていると、次のコマンドで整形されたJSONデータを取得できます。

php sample.php | jq '.'

jqのインストール方法などは以下のリンク先を参考にしてみてください。

bitFlyer LightningのAPIについて

今回は、bitFlyer Lightning APIの簡単な例でしたが、APIを利用して仮想通貨の取引なども行えます。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。