Taskerのすべての設定を無効・指定したプロファイルを無効にする方法

今回は、Taskerのすべての設定を無効にする方法と、指定したプロファイルを無効にする方法となります。

Taskerのすべての設定を無効にする方法

  1. Taskerの右上にあるメニューを選択します。
    Taskerアプリの上部の画像
  2. メニューが表示されるので、「Taskerを無効にする」を選択します。
    Taskerアプリのメニュー画像

以上がTaskerのすべての設定を無効にする方法となります。

Taskerを無効にすると、プロファイルの状態はリセットされ、ユーザ定義変数の値はデフォルト値になります。

また、もう一度、右上にあるメニューを選択すると、メニュー内に「Taskerを有効にする」があるのでタップすると、Taskerを有効に戻すことができます。

指定したプロファイルを無効にする方法

  1. 「プロファイル」タブを選択します。
    Taskerアプリでプロファイルタブを選択した状態の画像
  2. プロファイル一覧が表示さるので、無効にしたいプロファイルの右端のスイッチをタップして「オフ」の状態にします。

    「プロファイル」タブ画面の画像

以上が指定したプロファイルを無効にする方法となります。

また、もう一度、プロファイルの右端のスイッチをタップして「オン」の状態にすることで、プロファイルは有効になります。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。