【Google Apps Script】外部のスクリプトの関数を呼び出して利用する方法

今回は、Google Apps Script(GAS)でプロジェクト(スクリプト)から、他のスクリプトの関数を呼び出して利用する方法となります。

また、GASのプロジェクトを作成する方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

【GAS】外部のスクリプトの関数を呼び出して利用する方法

GASではライブラリを利用することで、他のスクリプトの関数を呼び出して利用できます。

以下、そのライブラリを利用する方法となります。

外部のプロジェクトの「スクリプト ID」をコピー

まずは、利用したい外部のプロジェクト(スクリプト)の「スクリプト ID」をコピーします。

  1. 利用したい外部のプロジェクトに移動して、メニュー内にある「設定」を選択します。
    GASのプロジェクトのメニュー画像
  2. 設定画面となるので、スクリプトIDの項目内にある「コピー」をクリックします。プロジェクトの設定画面の画像

呼び出す側のプロジェクトのライブラリに「スクリプトID」を追加

次に、外部のスクリプトを呼び出す側のプロジェクトのライブラリに、上記でコピーした「スクリプト ID」を追加します。

  1. 外部のスクリプトを呼び出す側のプロジェクトに移動します。
  2. エディタ画面のメニュー内にある「ライブラリ」の「+」ボタンを選択します。
    GASのエディタ画面のメニュー画像
  3. ライブラリの追加画面となるので、「スクリプトID」の項目に上記でコピーしたスクリプト IDを追加し、「検索」ボタンを選択します。
    ライブラリの追加画面の画像
  4. 追加するライブラリの設定が表示されるので、「追加」ボタンを選択します。

    ライブラリの追加画面の画像

ライブラリのIDについて

ライブラリを追加すると、以下のようにエディタ画面のメニュー内にある「ライブラリ」の下部に、ライブラリの「ID」が表示されます。

IDはプロジェクト内でライブラリを参照する際に利用し、デフォルトの状態ではライブラリに追加した外部の「プロジェクト名」となります。

エディタ画面のメニュー画像

ライブラリに追加したスクリプトを呼び出して利用

最後に、ライブラリに追加したスクリプトを呼び出して利用する関数を作成します。

例えば、プロジェクト「Script_01」から、ライブラリのID「Script_02」の関数sampleFuncを呼び出して利用するには、プロジェクト「Script_01」のエディタから、次のように関数を追加します。

function librarySampleFunc(key) {
   return Script_02.sampleFunc(key);
}

上記の場合、プロジェクト「Script_01」で関数librarySampleFuncを実行することで、ライブラリのID「Script_02」の関数sampleFuncを返します。

ライブラリに追加したスクリプトの関数を呼び出すには、「ID」.「関数名」とします。「ID」はライブラリを追加した際に設定したIDとなります。

ライブラリを削除する方法

エディタ画面のメニュー内にあるライブラリの「ID」をマウスオーバーすると、以下のように右側にメニューが表示されるので、そのメニュー内の「削除」を選択します。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。