【Androidスマホ】アプリを無効にする方法|アンイストールして削除できないアプリ

Androidスマホやタブレットでは、はじめからインストールされているアプリがあります。その中にはアンイストールして削除できないアプリがありますが、削除できないアプリでも無効にできる場合があります。

今回は、そのようなアプリを無効にする方法となります。また、無効にしたアプリはホーム画面やアプリ一覧に表示されなくなります。

【Android】アプリを無効にする方法

手順内の機種はAQUOS sense4 liteとなり、Androidの機種・OSのバージョンによっては設定方法が異なる場合があると思います。

  1. ホーム画面やアプリ一覧から、無効にしたいアプリを長押しします。
    アプリ一覧の画像
    ホーム画面を下から上にスワイプすることで表示できるAQUOS sense4 lite のアプリ一覧
  2. アプリのメニューが表示されるので、そのメニュー内にある「情報」や「i」と表示されている箇所を選択します。
    アプリアイコンを長押しして表示されるメニューの画像
    アプリ一覧のアイコンを長押しすると表示されるメニュー。メニューのデザインはホームアプリなどによって異なります
  3. アプリ情報の画面が表示されるので、その画面内にある「無効にする」を選択します。
    アプリ情報画面の画像
  4. アプリ無効時の注意事項が表示されるので、よければ「アプリを無効にする」を選択します。
    アプリ無効時の注意事項のポップアップ画像
    記載のようにアプリを無効にすると、不具合が発生する場合があります。その場合はアプリを有効にもどします

以上がアプリを無効にする方法となります。

上記画面内の「無効にする」の箇所が「アンイストール」となっているアプリは、アンイストールできるアプリとなります。

また、アンイストール・無効ともに不可のアプリもあります。

「アプリ一覧」に表示されないアプリの場合

アプリの中には、上記の「アプリ一覧」に表示されないアプリもあります。そのようなアプリの「アプリ情報」を表示するには、以下のリンク先を参考にしてみてください。

無効にしたアプリの確認方法とアプリを有効に戻す方法

無効にしたアプリを確認する方法と、無効にしたアプリを有効に戻す方法は、以下のリンク先を参考にしてみてください。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。