【Androidスマホ】バッテリー(電池)を長く持たせる設定方法|長エネスイッチの有効・無効

Androidスマホやタブレットの中には、バッテリー(電池)を長く持たせるための「長エネスイッチ」の設定がある端末があります。

今回は、その「長エネスイッチ」の有効・無効を変更する設定方法となります。

【Android】バッテリーを長く持たせる設定方法(長エネスイッチ)

機種・OSのバージョンによっては方法が異なる可能性があります。(手順内の機種はAQUOS sense4 lite・Android 12)

  1. Androidの「設定」アプリを開きます。
    Androidの設定アイコンをの画像
  2. 設定画面となるので、「バッテリー」を選択します。
    Androidの設定画面の画像
  3. バッテリーの設定画面となるので、「長エネスイッチ」を選択します。
    バッテリーの設定画面の画像
  4. 「長エネスイッチの使用」のスイッチを選択して、オン・オフを切り替えることで、有効・無効を変更できます。
    長エネスイッチの設定画面の画像

長エネスイッチの設定

また、長エネスイッチ設定画面では、次の設定も変更できます。

  • スケジュールの設定
  • 充電時には無効にする(充電率が90%を超えた場合)
  • 画面の明るさを最小にする
長エネスイッチの設定画面の画像
長エネスイッチの設定画面

長エネスイッチの機能

長エネスイッチをオンにすると、バッテリーを長く持たせるために次の設定が有効になります。

  • ダークモードの有効
  • バックグラウンドアクティビティの無効・制限
  • 一部の視覚効果の無効・制限
  • 「OK Google」などの機能の無効・制限

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

また、多忙によりコメントには返信できない場合があります。

Twitterで返信する場合はこちらから。