【nodebrewコマンドまとめ】Homebrewでのインストール|Node.jsのバージョン管理

nodebrew(ノードブリュー)は、ターミナルなどのCLIでNode.jsのバージョンを管理するツール。

今回は、そのnodebrewをMacのHomebrewを利用してインストールする方法と、nodebrewのコマンドまとめとなります。

Homebrew(ホームブリュー)は、macOSのパッケージ(ソフトウェアやライブラリ)を一元管理できるツールとなります。Homebrewのインストール方法などは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

nodebrewをHomebrewでインストールする方法

まずは、以下のHomebrewのコマンドで、nodebrewをインストールします。

brew install nodebrew

インストール後、以下のコマンドでnodebrewをセットアップします。

nodebrew setup

次にnodebrewのコマンドを利用できるようにするため、以下のコマンドで、ホームディレクトリの.bash_profileファイルに環境変数PATHを追加します。

echo "export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH" >> ~/.bash_profile

そして、以下のコマンドで追加した環境変数PATHを、現在のシェルに反映させます。

source ~/.bash_profile

nodebrewのヘルプを確認

以下のコマンドでnodebrewのヘルプを確認できます。

nodebrew help

Node.jsのバージョンを管理するコマンド

以下、Node.jsのバージョン管理に関する主なコマンドとなります。

指定できるバージョンについて

nodebrewのコマンドでNode.jsのバージョンを扱う際には、バージョンを以下のいずれかで指定します。

バージョンの種類 指定する値
最新バージョン latest
安定バージョン stable
任意のバージョン
(例:8.9.4バージョン)
v8.9.4 または 8.9.4
任意の最新バージョン
(例:最新の8.9バージョン)
v8.9 latest

インストールできるバージョンは、以下のコマンドで確認できます。

nodebrew ls-remote

指定したNode.jsをインストール

nodebrew install バージョン

上記コマンドは以前のnodebrewでは、ソースからのインストールでしたが、現在ではバイナリからのインストールとなります。

ソースとバイナリについては、以下のリンク先を参考にしてみてください。

ソースかバイナリか|プログラムのダウンロードはどれを選べばよいのか

インストール済みのバージョンを確認

nodebrew ls

利用するNode.jsを切り替え

nodebrew use バージョン

指定したNode.jsをアンインストール

nodebrew uninstall バージョン

Node.jsインストール時に利用したソースファイルを削除

Node.jsインストール時に利用したソースファイルを、それぞれ以下のコマンドで削除できます。

バージョンを指定する場合

nodebrew clean バージョン

すべてのバージョンの場合

nodebrew clean all

その他のコマンドについて

nodebrewのその他のコマンドやオプションについては、文末の参考サイト内を確認してみてください。

Node.jsのパッケージを管理する方法について

Node.jsをインストールすると、Node.jsで利用するパッケージ(モジュール)の管理などができるnpm(Node Packaged Modules)もインストールされます。

そのnpmを利用する際のコマンドについては、以下のリンク先を参考にしてみてください。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。