【Chrome】日本語に翻訳する方法と、元に戻す方法|ページ全体を一瞬・簡単に翻訳

PCブラウザで海外サイトなどを閲覧している際に、ページ全体を日本語に翻訳したい場合があると思います。

そのような場合、PCブラウザのGoogle Chrome(グーグル クローム)では、閲覧中のページ内の文章を一瞬で簡単に、日本語翻訳をすることが出来ます。

今回は、そのChromeでウェブページを翻訳する方法と、翻訳したページを元に戻す方法の紹介となります。

【Chrome】ページ全体を一瞬で日本語に翻訳する方法・元に戻す方法

ページ内のテキストを翻訳する方法

閲覧している外国語のページで、コンテキストメニュー(右クリックで表示されるメニュー)内の「日本語に翻訳」を選択します。

そうすると、ページ内のテキストの箇所がすべて日本語に翻訳されます。

Chromeのコンテキストメニューの画像
Chromeのコンテキストメニュー。「日本語に翻訳」を選択することで、ページの翻訳が可能

翻訳したページを元の言語に戻す方法

 Chromeでページを翻訳すると、ブラウザ上部にある検索バー内の右端の方に「Google 翻訳」のアイコンが表示されます。

そのアイコンをクリックすると、「翻訳済み」とあるダイアログボックスが表示されるので、その中の「原文のページを表示」ボタンを選択することで、元の言語に戻すことができます。

検索バー内にある「Google 翻訳」のアイコン画像
翻訳したページの検索バー内にある「Google 翻訳」のアイコンをクリックすると、「翻訳済み」とあるダイアログが表示

翻訳のオプション機能(日本語以外の言語に翻訳など)

Chromeでページを翻訳すると、ブラウザ上部にある検索バー内の右端の方に「Google 翻訳」のアイコンが表示されます。

そのアイコンをクリックすると、「翻訳済み」とあるダイアログボックスが表示されるので、その中の「オプション」ボタンを選択すると、メニューが表示され「言語の変更」なども行えます。

「翻訳済み」とあるダイアログボックス内の「オプション」メニューの画像
「翻訳済み」とあるダイアログボックス内の「オプション」メニュー

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。