安い「名古屋往復きっぷ」で豊橋・新城などの東三河から、お得に名古屋へ

By JKT-c

今回は、豊橋・新城などの東三河地方から名古屋市内へ、お得に安く往復できるJRの「名古屋往復きっぷ」の紹介です。

JRの「名古屋往復きっぷ」

「名古屋往復きっぷ」を購入できるエリア

JRの「名古屋往復きっぷ」は、東三河地方の3つエリアにある駅で購入できる往復切符(「ゆき」券・「かえり」券)となり、それぞれのエリアを出発地として名古屋市内にある駅までを、通常の切符と比べてお得に安く往復することができます。

「名古屋往復きっぷ」が購入できる3つのエリア

  • 豊橋ゾーン(豊橋~豊川・二川)
  • 西小坂井~三ケ根
  • 新城ゾーン(三河一宮~本長篠) 
『JR東海』名古屋往復きっぷのページからの引用画像
画像は『JR東海』名古屋往復きっぷのページからの引用

切符の料金

「名古屋往復きっぷ」は「ゆき」券と「かえり」券がセットで以下の料金となっています。また、購入するエリアにより料金が異なります。

豊橋ゾーンまたは、西小坂井~三ケ根の駅で購入する場合

土・休日 1,540円(こどもは760円)
平日 1,860円(こどもは920円)

新城ゾーンで購入する場合

土・休日 1,640円(こどもは820円)
平日 1,960円円(こどもは980円)

各エリア~名古屋市内の間にある途中駅での下車もOK

「名古屋往復きっぷ」では、往路(「ゆき」券)の際は、各エリア~名古屋市内の間にある途中駅での下車ができます。そして、復路(「かえり」券)の際には、各エリア~名古屋市内の間にある途中駅での乗車が可能です。

そのため「名古屋往復きっぷ」では、各エリアから途中駅へもお得に安く行ける場合があります。※乗車駅、下車駅、平日、休日などの条件により、普通の切符を購入したほうが安い場合もあります。

また、「名古屋往復きっぷ」には以下の注意事項などもあります。

  • 下車した際の切符による再度の乗車は不可
  • きっぷに表示されている方向・経路のみでの使用が可能

以上が「名古屋往復きっぷ」についてとなります。詳細については、以下の参照サイトを確認してみてください。

参照サイト・書籍

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。