【WordPress】ショートコードを追加・使用する簡単な例|add_shortcode関数

WordPress では、投稿や固定ページ本文内の任意の箇所で、指定した関数を呼び出せるショートコードという機能があります。

今回は、そのショートコードを追加して使用する簡単な例となります。

簡単なショートコードの例

ショートコードを追加

ショートコードを利用するには、まず、ショートコードを追加するadd_shortcode関数をfunctions.phpに記述します。

以下が例となり、サムネイルサイズのアイキャッチ画像を出力するショートコードとなります。

function my_tagfunc(){
	return get_the_post_thumbnail( get_the_ID(), 'thumbnail' );
}
add_shortcode( 'my_tag', 'my_tagfunc' );

add_shortcode関数の引数は、それぞれ以下となります。

  • 第1引数にショートコードタグ名を指定
  • 第2引数に、第1引数に指定したショートコードタグを使用した際に実行する関数名を指定。

ショートコードを使用する方法

追加したショートコードを使用するには、add_shortcode関数の第1引数で指定したタグ名を[ ](角括弧)で囲んだ文字列を、管理画面から投稿や固定ページの本文内に入力して保存します。

上記で作成した関数を実行する場合には、以下のショートコードを本文内に入力します。それにより、ショートコードを入力した箇所に、サムネイルサイズのアイキャッチ画像が出力されます。

[my_tag]

任意の値を渡すショートコードを使用する場合

ショートコードでは、実行する関数に任意の値を渡すことができます。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

参考サイトなど

 

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。