【待ち合わせで便利】スマホで現在地を相手と共有する方法|Googleマップアプリ

待ち合わせなどをする際に、自分自身が今いる場所を、LINEや電話など言葉を使い説明するのが面倒だったり難しい場合もあると思います。

今回は、そのような際にスマホのGoogleマップアプリを使い、自分自身の現在地を、簡単に任意の相手に知らせる方法となります。

なお、今回はAndroidスマホのGoogleマップアプリを使用しています。

【Googleマップ】現在地を任意の相手と共有する方法

以下、Googleマップで現在の場所を、任意の相手と共有する方法となります。

  1. Googleマップを起動します。
    Googleマップアプリのアイコン画像
    Googleマップアプリのアイコン
  2. アプリ内の画面左上にあるメニューアイコンをクリックします。
    Googleマップアプリの画面の画像
    Googleマップアプリの画面。画面左上にある3本線のメニューアイコンをクリック
  3. メニューが表示されるので、「現在地の共有」を選択します。
    Googleマップのメニューの画像
    Googleマップのメニュー。「現在地の共有」を選択
  4. 現在地の共有画面となるので、「共有を開始」ボタンをクリックします。
    現在地の共有画面の画像
    現在地の共有画面。「共有を開始」ボタンをクリック
  5. 共有する時間と共有方法を設定する画面となるので、まず、共有時間を任意の時間か「無効にするまで」かを選択します。そして、SNSなどの共有方法を指定します。
    共有する時間と共有方法を設定する画面の画像
    共有する時間と共有方法を設定する画面。共有時間は「-」「+」ボタンで増減できます。

上記手順により、共有した相手のSNSなどで、「現在地の共有」を有効にした側の現在地が確認できます。

また、AndroidスマホのGoogleマップでは、「現在地の共有」のウィジェットもあり、ホーム画面から「現在地の共有」を利用できます。

現在地の共有を終了する方法

以下、現在地の共有を終了する方法となります。

現在地の共有を開始すると、「現在地の共有」画面下部に、共有している状況が表示されるので、その右下にある×ボタンをクリックします。

それにより、「現在地の共有」を終了できます。

「現在地の共有」を開始後の「現在地の共有」画面下部の画像
現在地の共有を開始後の「現在地の共有」画面下部。右下にある×ボタンをクリックすると「現在地の共有」が終了

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はコチラから。