【mixhost】SSHの公開鍵・秘密鍵を作成し利用する準備をする方法

mixhostでは公開鍵認証のSSH接続を利用し、ターミナルやコマンドプロンプトなどのCLIコマンドで、サーバーを操作することができます。

今回は、そのmixhostにSSH接続する際に必要となる公開鍵・秘密鍵を作成し利用する手順となります。

また、mixhostにSSH接続しコマンドを実行する場合、利用できるコマンドには一部制限あり、root権限での利用もできません。

mixhostでSSHの公開鍵・秘密鍵を作成し利用する準備をする方法

mixhostでSSH接続を利用する際には、公開鍵・秘密鍵を作成します。そして、公開鍵はサーバー側で認証をし、秘密鍵はSSH接続するパソコン(クライアント側)にダウンロードして配置する必要があります。

以下、その公開鍵・秘密鍵を作成し利用できる準備をする方法となります。

公開鍵・秘密鍵を作成する方法

  1. mixhostへログインし、コントロールパネルの「セキュリティ」内にある「SSHアクセス」を選択します。
    mixhostコントロールパネルの「セキュリティ」項目の画像
  2. SSHアクセス画面となるので、「SSHキーの管理」をクリックします。
    コントロールパネル内の「SSHアクセス」画面の画像
  3. SSH キーの管理画面となるので、「+新しいキーの生成」をクリックします。
    SSH アクセス内の「SSHキー管理」画面の画像
  4. 公開キーを生成する画面となるので、「キーのパスワード」を入力し「キーの生成」をクリックします。また、ここで指定するパスワードは、SSH接続時にパスフレーズとして利用するものとなります。
    公開キーを生成する画面の画像
    公開キーを生成する画面。キーのパスワードを入力し「キーの生成」をクリックします。その他の項目はデフォルトのままでも大丈夫です。また、「パスワード生成ツール」ボタンでパスワードの自動生成もできます

上記手順で公開キーを生成し、「SSH キーの管理画面」に戻ると、同じ名前の公開キー・秘密キーが作成されていると思います。

以下、作成したキーを利用したSSH接続の準備方法となります。

公開鍵を認証する手順

SSH接続を利用するには、公開鍵を認証する必要があるので、以下の手順で設定します。

  1. 「SSH キーの管理」画面内に、作成した公開キーの名前あるので、右側にある「管理」をクリックします。
    「SSH キーの管理」画面内の公開キーの画像
    「SSH キーの管理」画面内の公開キーの項目。作成した公開キーは、そのままでは認証ステータス「not authorize」となっています。
  2. 公開キーの管理画面となるので、「Authorize」をクリックします。
    公開キーの管理画面の画像

上記手順により、公開キーの認証ステータスが「authorize」となり、公開キーが認証されます。

秘密鍵をダウンロードする手順

SSH接続をするには、秘密鍵をパソコン(クライアント側)にダウンロードする必要があるので、以下の手順でダウンロードします。

  1. 「SSH キーの管理」画面内に、上記で認証した公開キーと同じ名前の秘密キーがあるので、右側にある「表示/ダウンロード」をクリックします。
    「SSH キーの管理」画面内の秘密キーの画像
    「SSH キーの管理」画面内の秘密キーの項目。
  2. 秘密キーをダウンロードできる画面となるので、「キーのダウンロード」をクリックし、パソコンに秘密キーをダウンロードします。
    秘密キーをダウンロードできる画面の画像

WindowsのPuTTY(パティ)でSSH接続する場合

Windowsで利用できるPuTTY(パティ)というアプリで利用する秘密キーの場合は、次の通りPPK形式に変換しダウンロードします。

  1. 秘密キーをダウンロードできる画面の下部にある変換用のキーのロックを解除するパスフレーズを入力
  2. 「変換」をクリックしてPPK形式に変換します。
  3. 「キーのダウンロード」から秘密キーをダウンロードします。
秘密キーをダウンロードできる画面下部の画像
秘密キーをダウンロードできる画面下部。WindowsのPuTTYで利用の場合は、画面内のパスフレーズを入力しPPK形式に変換します

参考サイト、参考書籍

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。