【Googleタグマネージャー】コンテナを作成・削除・切り替える方法

Googleタグマネージャーのコンテナについて

ウェブサイトやモバイルアプリを作成後には、それらのアクセスや利用状況を分析すると思いますが、そのような場合、Googleタグマネージャーを利用することで、コンテンツの解析方法の管理を便利に行えます。

Googleタグマネージャーは、サイトやアプリに設定するタグ毎によって、さまざまな解析方法を、素早く簡単に実装でき、更新や管理も便利になります。

そのタグを利用・管理する際には、「コンテナ」を作成します。そして、サイトやアプリ毎にコンテナと紐づけてタグを管理します。

今回は、そのコンテナを作成して追加、削除する方法と、コンテナが複数ある場合に、編集するコンテナを切り替える方法の手順となります。

まずは、コンテナページの管理タブへ移動

コンテナを作成・削除するには、コンテナページの「管理」タブから行います。以下、コンテナページの管理タブへ移動する方法となります。

  1. Googleタグマネージャーへログインをし、アカウントページの右側にある「歯車」アイコンをクリック
    Googleタグマネージャーのアカウントページの画像
    Googleタグマネージャーのアカウントページ
  2. コンテナページの「管理」タブとなります。
    コンテナページの管理タブ管理タブの画像
    コンテナページの管理タブ

コンテナを作成し追加

以下、コンテナページの「管理」タブから、新しいコンテナを作成し追加する方法となります。

また、例はウェブサイトで利用するコンテナとなります。

  1. コンテナページの「管理」タブへ移動し、右カラムの右上にある「+」ボタンをクリックします。
    コンテナページの「管理」タブの画面
  2. 「コンテナの作成」画面となるので、コンテナ名を入力し、コンテナの使用場所を「ウェブ」として「作成」をクリックします。
    コンテナの作成画面の画像
  3. 「Googleタグマネージャをインストール」画面となり、2つのコードが表示されるので、コンテナで利用するサイトのすべてのページに貼り付けます。
    Googleタグマネージャをインストール画面の画像
    Googleタグマネージャをインストール画面。上のコードは、<head> 内のなるべく上のほうに貼り付け、下のコードは、開始タグ <body> の直後に貼り付けます。

また、Googleタグマネージャのコードは、後からでも、コンテナページの「管理」タブ内にある「Googleタグマネージャをインストール」から確認できます。

コンテナを削除

以下、コンテナページの「管理」タブから、コンテナを削除する方法となります。

  1. 削除したいコンテナページの「管理」タブへ移動し、右カラム内の「コンテナの設定」を選択します。
    コンテナページの「管理」タブの画面
  2. 「コンテナの設定」画面となるので、右下の「削除」を選択します。
    コンテナの設定画面の画像

現在のコンテナを切り替える方法

作成したコンテナが複数あると、コンテナの編集をする際に、現在のコンテナを切り替えて変更する必要がでてきます。

以下、現在のコンテナを切り替えて変更する方法となります。

  1. Googleタグマネージャーの画面上部にある現在のコンテナ名をクリックします。
    Googleタグマネージャーの画面の画像
    Googleタグマネージャーの画面。上部には、現在のコンテナ名が表示されています。
  2. 作成したコンテナ一覧が表示されるので、編集したいコンテナを選択します。
    作成したコンテナ一覧の画像
    作成したコンテナ一覧。「コンテナ」の欄から編集したいコンテナを選択します。

上記の手順により、現在のコンテナが変更され、コンテナを編集できます。

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。