【WordPress】秒数をわかりやすく表す定数|時間・期間を簡単に指定

今回は、WordPressで秒数を表したい場合に、わかりやすく簡単に表せる時間の定数のまとめとなります。

【WordPress】秒数をわかりやすく表す時間の定数

以下、WordPressで秒数をわかりやすく表す時間の定数となります。

定数 定数で定義されている秒数 時間・期間
MINUTE_IN_SECONDS 60 1分
HOUR_IN_SECONDS 3600 1時間
DAY_IN_SECONDS 86400 1日
WEEK_IN_SECONDS 604800 1週間
MONTH_IN_SECONDS 2592000 1ヶ月(30日)
YEAR_IN_SECONDS 31536000 1年(365日)

また、それぞれの定数は、wp-includes/default-constants.phpファイル内で以下のように定義されています。

define( 'MINUTE_IN_SECONDS', 60 );
define( 'HOUR_IN_SECONDS', 60 * MINUTE_IN_SECONDS );
define( 'DAY_IN_SECONDS', 24 * HOUR_IN_SECONDS );
define( 'WEEK_IN_SECONDS', 7 * DAY_IN_SECONDS );
define( 'MONTH_IN_SECONDS', 30 * DAY_IN_SECONDS );
define( 'YEAR_IN_SECONDS', 365 * DAY_IN_SECONDS );

時間の定数の利用例

以下、set_transient関数の引数に、上記定数を利用した例となります。

$url = 'example.com/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX';
$data  = file_get_contents( $url );
set_transient( 'example_data', $data, 4*HOUR_IN_SECONDS );

set_transient関数は、指定したデータを一時的にデータベースへ保存できる関数となり、上記例では、 file_get_contents関数で取得した外部サイトのデータを、データベースへ4時間、保存しています。

set_transient関数については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

参考サイト、参考書籍

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はコチラから。