【スプレッドシート】ARRAYFORMULAを使い、複数のセルに値を一瞬で入れる

Googleスプレッドシートには、複数のセルに一瞬で値を入れることができる便利なARRAYFORMULA関数があります。

ARRAYFORMULA関数では、引数に範囲や、範囲を含む式を指定することにより、戻り値を配列として返します。

そのため、ARRAYFORMULA関数を含む一つの計算式で、複数行や複数列に一瞬で値を入れることが可能となります。

今回は、そのARRAYFORMULA関数の例となります。

引数に範囲のみを指定する例

以下はARRAYFORMULA関数の引数に、範囲のみを指定する例です。

A1~A5、B1~B5のセルに任意の値が入力されている状態で、C1のセルに以下のARRAYFORMULA関数を入力。

=ArrayFormula(A1:B5)

その結果、A1~A5、B1~B5の値が、それぞれC1~C5 ,D1~D5に入力されます。

「C1」のセルへ、引数に範囲のみを指定したARRAYFORMULA関数を入力したサンプルの画像
「C1」のセルへ、引数に範囲のみを指定したARRAYFORMULA関数を入力した例

動画サンプル

引数に四則演算を指定する例

以下はARRAYFORMULA関数の引数に、四則演算を指定する例です。

A1~A5、B1~B5のセルに任意の値が入力されている状態で、C1のセルに以下のARRAYFORMULA関数を入力。

=ArrayFormula(A1:A5+B1:B5)

その結果、それぞれの行のAとBにある値の和が、それぞれC1~C5までのセルに入力されます。

「C1」のセルへ、引数に四則演算を指定したARRAYFORMULA関数を入力したサンプルの画像
「C1」のセルへ、引数に四則演算を指定したARRAYFORMULA関数を入力した例

動画サンプル

引数に関数を指定する例

以下はARRAYFORMULA関数の引数に、関数を指定する例です。

A1~A5、B1~B5のセルに任意の値が入力されている状態で、C1のセルに以下のARRAYFORMULA関数を入力。

=ArrayFormula(IF(A1:A5>=B1:B5, "A", "B"))

その結果、それぞれの行で、Aの値がBの値以上だった場合には文字列「A」が、それ以外の場合には文字列「B」が、それぞれC1~C5までのセルに入力されます。

「C1」のセルへ、引数に関数を指定したARRAYFORMULA関数を入力したサンプルの画像
「C1」のセルへ、引数に関数を指定したARRAYFORMULA関数を入力した例

動画サンプル

ショートカットキー

セルで計算式を編集中に 、以下のショートカットキーにより ARRAYFORMULA関数を追加できます。

Mac
Command + Shift + Enter
Windows
CtrlShift + Enter

参照サイト・書籍

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。