AQUOSで伝言メモを設定する方法|簡易留守録のON・OFF、再生・削除など

AndroidスマホのシャープAQUOS(アクオス)シリーズでは、「伝言メモ」にあたる機能として、「簡易留守録」という機能があり、電話に出られない際に、録音モードに切り替わり相手の伝を録音できます。

今回はその「簡易留守録」を設定する方法となります。

【AQUOS】伝言メモ(簡易留守録)を設定・管理する方法

以下、「簡易留守録」を管理・設定できる画面を表示する手順となります。

また、以下の手順内の機種はAQUOS sense3 liteとなり、AQUOSの機種・OSのバージョンによっては設定方法が異なる場合があると思います。

  1. 電話アプリを開きます。
    電話アプリのアイコン画像
  2. 画面右上にある「メニュー」ボタンをタップします。
    「メニュー」ボタンの画像
  3. メニューが表示されるので、「設定」を選択します。
    メニューリストの画像
  4. 設定画面となるので、「通話」を選択します。
    電話設定画面の画像
  5. 通話設定画面となるので、「簡易留守録」を選択します。
    通話設定画面の画像
  6. 簡易留守録を管理・設定できる画面となり、簡易留守録のON・OFFなどが行えます。
    簡易留守録を管理・設定できる画面の画像
    簡易留守録を管理できる画面。「簡易留守録設定」から簡易留守録のON・OFFが行えます。

上記、簡易留守録を管理・設定できる画面では、簡易留守録のON・OFFの他、録音した簡易留守録の再生・削除や、簡易留守録にするまでの応答時間などの設定が行えます。

また、簡易留守録が有効になると、画面上部のステータスバーに「簡易留守録」のアイコンが表示されます。

ステータスバーの画像
矢印の箇所が「簡易留守録」のアイコン

以上が、AQUOSで「簡易留守録」を設定する方法となります。通信会社の留守電は有料の場合が多いので、無料で利用できる「簡易留守録」機能はおすすめです。

参考サイトなど

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。