【VSCode】テキストを縦に選択し、一括で入力・削除する方法|ブロック選択・短冊選択

Visual Studio Code(以下、VSCodeと表記)は、Windows・Macなどで利用できる無料ソースコードエディタ。

VSCodeでは、複数の箇所に対して選択・カーソルを立てるマルチカーソルを利用できますが、今回は、そのマルチカーソルを利用して、ブロック選択や短冊選択と呼ばれる縦方向の選択後に、テキストを一括削除・入力する方法となります。

VSCodeでブロック選択をした状態の画像
VSCodeでブロック選択をした状態

縦方向に選択(ブロック選択・短冊選択)する方法

マウスでブロック選択する方法

以下、Windows・Macそれぞれでマウスを使いブロック選択する方法となります。

Macの場合

  1. ブロック選択をしたい始点にカーソルを合わせます。
  2. shift + option を押しながら、ブロック選択をしたい終点にカーソルを合わせます。

Windowsの場合

  1. ブロック選択をしたい始点にカーソルを合わせます。
  2. Shift + Alt を押しながら、ブロック選択をしたい終点にカーソルを合わせます。

キーボードでブロック選択する方法

以下、Windows・Macそれぞれでキーボードを使いブロック選択する方法となります。

Macの場合

  1. ブロック選択をしたい始点にカーソルを合わせます。
  2. shift + option + commandを押しながら、ブロック選択をしたい終点まで矢印キーで移動します。

Windowsの場合

  1. ブロック選択をしたい始点にカーソルを合わせます。
  2. Shift + Alt + Ctrl を押しながら、ブロック選択をしたい終点まで矢印キーで移動します。

ブロック選択後にテキストを一括で入力・削除

ブロック選択をした状態で、テキストを入力・削除することにより、すべての行の選択範囲で同時にテキストを入力・削除できます。

ブロック選択後にカーソルを移動

ブロック選択後に矢印キーで移動することにより、選択範囲は解除されカーソル位置のみを変更できます。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。