【Laravel】コレクションが空かを判断できるメソッド|isEmpty()・isNotEmpty()

Laravelには、Eloquentモデルやクエリビルダから取得した値などに利用されるコレクションがあります。

コレクションは、配列を扱いやすくできる配列のラッパーとなり、Collectionクラスのメソッドで操作できますが、今回は、そのコレクションが空かどうかを判断できるメソッドの紹介となります。

コレクションが空の場合にtrue|isEmpty()

以下は、コレクションが空の場合にtrueを返すisEmptyメソッドの例となります。

collect([])->isEmpty();

上記は trueを返します。

コレクションが空でない場合にtrue|isNotEmpty()

以下は、コレクションが空でない場合にtrueを返すisNotEmptyメソッドの例となります。

collect([1, 2, 3])->isNotEmpty();

上記は trueを返します。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。