【WordPress】現在のクエリを確認する方法|プラグイン・フィルターフック

WordPressではページを表示する際に、データベースに対してSQLクエリを発行しデータを取得しますが、今回は現在のクエリを確認する方法となります。

プラグインでクエリを確認

現在のクエリを確認できるするには、プラグイン『Query Monitor 』を利用する方法があります。

また、『Query Monitor 』では、クエリ以外にもPHP エラー、読み込まれたJavaScript ・CSS、HTTPリクエストなども確認でき、デバッグに利用できます。

Query Monitor – WordPress プラグイン | WordPress.org 日本語

フィルターフックqueryでクエリを確認

現在のクエリを取得する方法として、以下のようにフィルターフックのqueryを、functions.phpに記述する方法もあります。

例では、ページ上にそのまま現在のクエリを出力していますが、ログファイルなどに出力して利用することもできると思います。

function my_query($query)
{
    var_dump($query);
    return $query;
}
add_filter('query', 'my_query');

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。