【Android】「開発者向けオプション」を有効にして表示する方法・無効にする方法

Androidスマホやタブレットには、「開発者向けオプション」を有効にすることで利用できるデバッグに役立つ設定があります。

今回は、その「開発者向けオプション」を有効にして表示する方法と、無効にする方法となります。

また、Androidの機種・OSのバージョンによっては方法が異なる可能性があります。(手順内の機種はAQUOS sense4 lite・Android 12)

「開発者向けオプション」を有効にする方法

以下、「開発者向けオプション」を有効にする手順となります。

  1. Androidの「設定」アプリを開きます。
    Androidの設定アイコンをの画像
  2. 設定画面となるので、下部にある「デバイス情報」を選択します。
    Android設定画面の下部の画像
  3. デバイス情報画面となるので、下部にある「ビルド番号」を7回タップします。(機種によっては「ソフトウェア情報」内に「ビルド番号」があります。)
    Androidのデバイス情報画面の下部の画像
    Android端末に画面ロックを設定していると、「ビルド番号」を7回タップ後に、ロックの画面となるので、ロックを解除します。

上記手順により、画面下部に「これでデベロッパーになりました!」というメッセージが表示され、「開発者向けオプション」が有効となります。

「開発者向けオプション」を表示する方法

上記手順で「開発者向けオプション」を有効にすると、次の方法で「開発者向けオプション」を表示できます。

  1. Androidの「設定」アプリを開きます。
  2. 設定画面となるので、下部にある「システム」を選択します。
    Android設定画面の下部の画像
    機種によっては、設定画面内に「開発者向けオプション」があります
  3. システムの画面となるので、「開発向けオプション」を選択します。(機種・OSのバージョンによっては「詳細設定」内に、「開発向けオプション」があります)
    Androidの詳細なシステム画面の画像

上記手順により、「開発向けオプション」を表示できます。

「開発者向けオプション」を無効にする方法

上記で表示した「開発向けオプション」画面の上部にあるスイッチをタップします。

Androidの開発向けオプション画面の画像

それにより、タップしたスイッチが「OFF」となり、「開発向けオプション」が無効となります。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

また、多忙によりコメントには返信できない場合があります。

Twitterで返信する場合はこちらから。