【スプレッドシート】行数・列数を取得する方法|Google Apps Script

今回は、Google スプレッドシートでGoogle Apps Script (GAS)を利用して、指定した範囲の行数・列数を取得する方法となります。

データが入力されている範囲の行数・列数を取得する例

以下、GASの例となりスクリプトエディタに記述します。

例では、現在のシート内で、データが入力されている範囲の行数・列数を取得して、その値をログに出力しています。

function myFunction(){
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var rows = sheet.getLastRow(); 
  var columns = sheet.getLastColumn();
  console.log(rows,columns);
}

現在のシート内で、データが入力されている範囲の行数・列数はA1のセルから数えるため、データが入力されている範囲の最後の行番号・列番号の値と同じとなります。

そのため、上記の関数内では次のメソッドを利用し、データが入力されている範囲の最後の行番号・列番号を取得しています。

SheetクラスのgetLastRowメソッドは、データが入力されている範囲の最後の行番号を取得します。

SheetクラスのgetLastColumnメソッドは、データが入力されている範囲の最後の列番号を取得します。(列番号は、Aの列番号は 1、Bの列番号は2 のように、列のアルファベット順を数値順に置き換えた値)

指定した範囲の行数・列数を取得する例

以下、GASの例となりスクリプトエディタに記述します。

例では、現在のシート内で指定した範囲(例では"B3:D6")の行数・列数を取得して、その値をログに出力しています。

この場合、出力結果は範囲内の行数の4と列数の3となります。

function myFunction(){
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  var range = sheet.getRange("B3:D6");
  var rows = range.getNumRows(); 
  var columns = range.getNumColumns();
  console.log(rows,columns);
}

上記の関数内では次のメソッドを利用し、指定した範囲のの行数・列数を取得しています。

RangeクラスのgetNumRowsメソッドは、指定した範囲の行数を取得します。

RangeクラスのgetNumColumnsメソッドは、指定した範囲の列数を取得します。

範囲を取得する方法について

上記例では、SheetクラスのgetRangeメソッドを利用して、指定した範囲を取得しています。getRangeメソッドの利用方法の詳細については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

指定した範囲の最後の行番号・列番号を取得する場合

また、指定した範囲の最後の行番号・列番号を取得する方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。