【Git】 無視されているファイルの確認と、Gitで管理するファイルを追加する方法

Git(ギット)は、プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システム。

今回は、そのGitで管理しているディレクトリ内で、リポジトリに含まれていない無視されているファイル・ディレクトリを確認する方法と、その無視されているファイル・ディレクトリをGitの管理対象に追加する方法となります。

Gitで無視されているファイル・ディレクトリを確認する方法

Gitで無視されているファイル・ディレクトリを確認するには、以下のコマンドを実行します。

git status --ignored

上記コマンドで返ってきた文章内に次の箇所があり、それ以降に無視されているファイル・ディレクトリのパスが表示されます。

Ignored files:
  (use "git add -f ..." to include in what will be committed)

無視されているファイル・ディレクトリをGitの管理対象に追加する方法

無視されているファイル・ディレクトリをGitの管理対象に追加するには、以下のコマンドを実行します。

git add -f ファイルのパスまたはディレクトリのパス

上記コマンドにより、指定したファイルが強制的にインデックス(ステージ)に追加され、Gitの管理対象に追加されます。(ディレクトリのパスを指定した場合は、ディレクトリ内のファイルがすべて管理対象に追加されます)

また、git addコマンドのパスの指定は、スペース区切りでの複数指定や、*.txtのようなワイルドカードを利用した指定も可能です。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。