JavaScriptがブラウザで無効の場合にテキストなどを表示する方法

JavaScriptはPCやスマホのブラウザ側で無効にできますが、今回は、JavaScriptが無効にされている場合に、ページ上にテキストなどのコンテンツを表示する方法となります。

JavaScriptが無効の場合にテキストなどを表示する方法

以下のようにHTML内にnoscript要素を追加することで、JavaScriptが無効の場合にnoscript内の要素が表示されます。

<noscript>
<p>JavaScriptが無効となっています。</p>
</noscript>

noscript要素について

noscript要素内は、JavaScriptなどのスクリプトに対応していない場合や、スクリプトをブラウザ側で無効にしている場合に表示されます。

また、head要素内にnoscript要素を追加する場合、そのnoscript要素内にはlink要素・style要素・meta要素を追加することも可能です。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。