【AQUOS】指紋認証ボタン長押しで表示するアプリを変更する方法と、無効にする設定方法

Androidスマホの一部のAQUOSでは、指紋認証ボタンを長押しすることで指定したアプリを表示できます。(Payトリガー機能)

今回は、AQUOSの指紋認証ボタン長押しで表示するアプリを変更する方法と、その機能を無効にする設定方法となります。

また、手順内の機種はAQUOS sense4 lite(OSバージョンAndroid 10)となります。なお、機種・OSのバージョンによっては手順が異なる場合があります。

【AQUOS】指紋認証ボタン長押しで表示するアプリを変更する方法

  1. Androidの「設定」アプリを開きます。
    Androidの設定アイコンをの画像
  2. 設定画面となるので、「AQUOS便利機能」を選択します。
    Androidの設定画面の画像
  3. AQUOS便利機能の画面となるので、「指紋センサー」を選択します。AQUOS便利機能の画面の画像
  4. 指紋センサーの設定画面となるので、「Payトリガー」を選択します。指紋センサーの設定画面の画像
  5. Payトリガーの設定画面となり、利用できるアプリ一覧が表示されるので、指紋認証ボタンの長押しで表示したいアプリを選択します。
    Payトリガーの設定画面の画像
    Payトリガーの設定画面。Payトリガーとありますが、決済アプリ以外でも選択できるアプリはあります

【AQUOS】指紋認証ボタン長押しでのアプリ表示を無効にする方法

上記手順内の指紋センサーの設定画面で、「Payトリガー」の横にあるスイッチをタップして「オフ」の状態にすることで、指紋認証ボタン長押しでのアプリ表示(Payトリガー)が無効となります。

指紋センサーの設定画面の画像

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。