【AQUOS 】カメラで撮影した写真が2枚保存される設定を変更して1枚にする方法

Androidスマホの一部のAQUOSでは、メインカメラで撮影すると、構図を補正した画像を自動保存する「インテリジェントフレーミング」により、オリジナルの画像と構図補正した画像が2枚保存されます。

今回は、今回は、その「インテリジェントフレーミング」機能をオフにして、構図補正した画像を保存しない設定方法となります。

【AQUOS 】インテリジェントフレーミング機能を無効にする方法

手順内の機種はAQUOS sense4 lite(OSバージョンAndroid 10)となります。なお、機種・OSのバージョンによっては手順が異なる場合があります。

  1. Androidの「カメラ」アプリを開きます。
    カメラアプリアイコンの画像
  2. アプリ内の「設定」を選択します。
    カメラアプリ内の上部の画像
  3. 設定が表示されるので、「インテリジェントフレーミング」のスイッチをタップしてオフにします。
    カメラアプリの設定画面の画像
    「インテリジェントフレーミング」をオフにした状態

上記手順により、AQUOSの「インテリジェントフレーミング」機能が無効になり、メインカメラ撮影時に構図補正した画像が保存されなくなります。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。