【Androidスマホ】アプリのバッテリー使用量を節約する方法|自動調整バッテリーの設定

Androidスマホやタブレットの中には、アプリによるバッテリー使用を自動で調節して、電池を節約する「自動調節バッテリー」機能がある端末があります。

今回は、その「自動調整バッテリー」の有効・無効を変更する設定方法となります。

【Android】アプリのバッテリー使用量を節約する方法(自動調整バッテリー)

機種・OSのバージョンによっては方法が異なる可能性があります。(手順内の機種はAQUOS sense4 lite・Android 12)

  1. Androidの「設定」アプリを開きます。
    Androidの設定アイコンをの画像
  2. 設定画面となるので、「バッテリー」を選択します。
    Androidの設定画面の画像
  3. バッテリーの設定画面となるので、「自動調整バッテリー」を選択します。
    バッテリーの設定画面の画像
  4. 「自動調整バッテリーの使用」のスイッチを選択して、オン・オフを切り替えることで、有効・無効を変更できます。
    自動調整バッテリーの設定画面の画像

自動調整バッテリーの機能について

「自動調整バッテリー」を有効にすると、ユーザーによるアプリの使用パターンの学習を行い、使用頻度の低いアプリは、バックグラウンドでの実行回数を減らしてバッテリーを節約します。

また、バッテリーが少なくなると、バックグラウンドで実行されるのアプリ機能が制限されることがあります。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

また、多忙によりコメントには返信できない場合があります。

Twitterで返信する場合はこちらから。