【PHP】配列・連想配列を追加、結合する例|array_merge()、array_unshift() 、array_push()

今回は、PHPで個人的によく使う、配列・連想配列を結合・追加する関数のまとめとなります。

配列・連想配列を追加、結合する例

配列の最初に要素を追加|array_unshift() 

array_unshift関数では、第1引数に指定した配列の先頭に、第2引数以降に指定した要素を追加します。また、戻り値は処理後の配列の要素数となります。

以下、array_unshift関数の例となります。

<?php
$array = array( "竹山", "永井マネージャー"  );

$result = array_unshift( $array, "ザキヤマ", "河本" );
// 処理後の配列
print_r( $array );
// 処理後の配列の要素数
print_r( "<br>配列の要素数は" . $result );
?>

出力結果

Array ( 
	[0] => ザキヤマ 
    [1] => 河本 
    [2] => 竹山 
    [3] => 永井マネージャー 
) 
配列の要素数は4

※出力結果の配列は見やすいように改行をしています。

キーが文字列の連想配列を扱う場合

キーが文字列の連想配列はarray_unshift関数ではを扱えません。そのため、連想配列を追加するにはarray_merge関数などで追加します。

配列の最後に要素を追加|array_push()

array_push関数では、第1引数に指定した配列の最後に、第2引数以降に指定した要素を追加します。また、戻り値は処理後の配列の要素数となります。

以下、array_push関数の例となります。

<?php
$array = array( "竹山", "永井マネージャー"  );

$result = array_unshift( $array, "ザキヤマ", "河本" );
// 処理後の配列
print_r( $array );
// 処理後の配列の要素数
print_r( "<br>配列の要素数は" . $result );
?>

出力結果

Array ( 
	[0] => 竹山 
    [1] => 永井マネージャー 
    [2] => ザキヤマ 
    [3] => 河本 
) 
配列の要素数は4

※出力結果の配列は見やすいように改行をしています。

キーが文字列の連想配列を扱う場合

キーが文字列の連想配列はarray_push関数ではを扱えません。そのため、連想配列を追加するにはarray_merge関数などで追加します。

配列・連想配列を結合・分割|array_merge()

array_merge関数は、引数に指定した順番で配列を結合して返します。

以下、array_merge関数の例となります。

<?php
$array1 = array( 
	"竹山",
	"マネージャー" => "永井",
	"事務所" => "サンミュージック"
);
$array2 = array( 
	"ザキヤマ",
	"事務所" => "人力舎"
);

$output = array_merge( $array1, $array2 );
print_r( $output );
?>

出力結果

Array ( 
	[0] => 竹山 
    [マネージャー] => 永井 
    [事務所] => 人力舎 
    [1] => ザキヤマ 
)

※出力結果の配列は見やすいようにを改行しています。

結合する要素のキーが同じ文字列の場合

上記例のようにarray_merge関数では、結合する配列に同じ文字列のキーがある場合、 前の値は後に指定された値で上書きされます。

また、キーが添字番号の場合には 値は上書きされず、処理後の配列で0から始まる連続した添字番号に置き換えられます。

参照サイト・書籍

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。