【PHP】.(ドット)と.=(ドット・イコール)|文字列演算子

PHPのソースコードにおいて、文字列を扱う記述の中に、.(ドット)や、.=(ドット・イコール)を使用している場合があるかもしれません。

その .(ドット)や、.=(ドット・イコール)は、文字列を結合する演算子(文字列演算子)となります。今回は、その文字列演算子の例となります。

文字列演算子の例

【結合演算子】 .(ドット)

.(ドット)は、結合演算子となり、.(ドット)にの左右にある文字列を結合します。以下が例となります。

<?php
$subject = '私';
$name = '田中';
echo $subject . "は" . $name . "です" ;
?>

上記の例では、出力結果が「私は田中です」となります。

【結合代入演算子】 .=(ドット・イコール)

.=(ドット・イコール)は、結合代入演算子となり代入演算子の一つとなります。

結合代入演算子では、.=(ドット・イコール)の左オペランドに定義された変数を指定することで、元の変数の値に、右オペランドの値を追加した値が左オペランドに代入されます。

以下が例となります。

<?php
$output = '私は';
$output .= '太田';
$output .= 'です';
echo $output;
?>

上記の例では、出力結果が「私は太田です」となります。

文字列演算子の記述の比較

また、、下記の例は、結合代入演算子と、結合演算子の記述の比較となります。

結合演算子の場合

<?php
$output = '爆笑';
$output = $output . '問題';
echo $output;
?>

結合代入演算子の場合

<?php
$output = '爆笑';
$output .= '問題';
echo $output;
?>

上記どちらの例も出力結果は「爆笑問題」となります。

参考サイト、参考書籍

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はコチラから。