YARPPの表示設定|テンプレート・表示位置の設定方法など

WordPressのプラグイン『Yet Another Related Posts Plugin(以後、YARPPと表記)』では、現在の投稿や固定ページなどで、そのページに関連する記事を取得し表示することが出来ます。

今回は、YARPPで表示できる関連記事のテンプレートと、表示位置の設定方法となります。

関連記事の表示位置を設定

YARPPのデフォルトの設定では、関連記事は投稿本文の下に表示されていますが、WordPress管理画面から、投稿本文の下に表示される関連記事を非表示とし、任意の場所に表示することも可能です。方法は以下となります。

投稿本文の下に表示される関連記事を非表示にする方法

WordPress管理画面の「設定」から、「YARPP」の設定画面へ移動します。そして、設定画面の「表示設定」内にある「投稿」「 固定ページ」「 メディア」のチェックボックスのチェックをすべて外します。

投稿本文の下に表示される関連記事を非表示には、「YARPP」設定画面の「表示設定」内にある「投稿」「 固定ページ」「 メディア」のチェックボックスのチェックをすべて外した画像
投稿本文の下に表示される関連記事を非表示するには、「YARPP」設定画面の「表示設定」内にある「投稿」「 固定ページ」「 メディア」のチェックボックスのチェックをすべて外します。

任意の場所に関連記事を表示する方法

WordPressのテーマファイル内で、関連記事を表示したい場所に、related_posts関数を記述します。related_posts関数の詳細については、以下のリンクを参考にしてみてください。

YARPPのテンプレートを適用

YARPPの関連記事を表示する際の設定には、「リスト」と「サムネイル」表示がありますが、異なったテンプレートを適用し関連記事を表示することも可能です。以下がその手順となります。

  1. WordPress管理画面の「設定」から、「YARPP」の設定画面へ移動。
  2. 「YARPP」設定画面の「表示設定」内にある「カスタム」にカーソルを合わせると、ポップアップが表示されますので、その中の「テンプレートを移動」を選択。(「テンプレートを移動」を選択すると、テーマフォルダの直下に、「yarpp-template-」から始まるYARPPのテンプレートファイルが複数作成されます)
    「YARPP」設定画面の「表示設定」内にある「カスタム」にカーソルを合わせると、ポップアップが表示され、その中の「テンプレートを移動」を選択する画面
    「YARPP」設定画面の「表示設定」内にある「カスタム」にカーソルを合わせると、ポップアップが表示され、その中の「テンプレートを移動」を選択
  3. 「YARPP」設定画面の「表示設定」内にある「テンプレートファイル」のドロップダウンリストからテンプレートを選択し、テンプレートファイルを適用。
    「YARPP」設定画面の「表示設定」内にある「テンプレートファイル」のドロップダウンリストから、テンプレートを選択した画像
    テンプレートファイルを適用するには、「YARPP」設定画面の「表示設定」内にある「テンプレートファイル」のドロップダウンリストから、テンプレートを選択

上記では、自動で作成されたテンプレートを適用しましたが、自分自身で、新しいテンプレートを作成することも可能です。詳しくは、以下のリンクを参考にしてみてください。

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。