【PHP】?(ハテナマーク)と : (コロン)条件演算子|条件分岐を一行で記述

PHPで、?(ハテナマーク・疑問符)と : (コロン)をセットで利用した式を見る場合があるかもしれません。

その ?(ハテナマーク)と : (コロン)は、条件分岐の式を記述できる条件演算子(三項演算子)となります。また、2つの記号を使いますが、演算子としては1つの演算子となります。

今回はその三項演算子を使用した例となります。

条件演算子(三項演算子)を使用した例

三項の条件演算子では、演算の対象であるオペランド(被演算子)を3つとり、?(ハテナマーク)と : (コロン)を以下の形式で使用します。

 <条件式>?<真式>:<偽式>

条件演算子の例

以下は三項の条件演算子の例となり、条件分岐の構文を一行で記述したい際に利用できます。

$val = 120;
$result = $val > 100 ? '100より大きい' : '100以下';
echo $result;

条件演算子を条件文(if文)で記述した場合

上記、条件演算子をif文で記述する場合、以下のような構文となります。

$val = 120;
if( $val > 100 ){
	echo '100より大きい';
}else{
	echo '100以下';
}

参考サイトなど

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。