【PHP】if文などの条件式の結果により「false」と判断される値

if文などの条件分岐を行う構文では、条件式により「true」か「false」を判断し条件分岐を行います。

その際、条件式の結果により、条件が満たされる場合には「true」を返し、それ以外の場合には「false」を返しますが、「false」と判断される値はいくつかあります。

今回は、PHPでif文などの条件式の結果により、「false」と判断される値のまとめとなります。

if文などの条件式の結果により「false」と判断される値

  • FALSE(boolean・論理型 )
  • 0(integer・整数)
  • 0.0(float ・浮動小数点数)
  • "0"(文字列)
  • ""(空の文字列)
  • 要素がない配列
  • NULL (値がセットされていない変数を含む)
  • 空のタグから作成された SimpleXML オブジェクト

参照サイト・書籍

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。