【Tasker】ウィジェットのボタンを使いホーム画面からタスクを実行する方法

AndroidアプリのTasker(タスカー)では、スマホの設定変更などの命令(タスク)を自動で実行したり、任意のタイミングで簡単に実行することができる便利なアプリ。

今回は、ウィジェットを使いタスクを実行させるボタンをホーム画面に追加し、そのボタンからタスクを実行させる方法と、ウィジェットに追加すると便利に使えるタスクの紹介となります。

ウィジェットのボタンを使いホーム画面からタスクを実行

ホーム画面からタスクを実行させるには、まず、以下の手順でホーム画面にタスクを実行させるウィジェットのボタンを追加します。

  1. Androidのウィジェットを追加する画面から「Tasker」を選び「Task Shortcut」のアイコンをホーム画面へドラッグします。
    ウィジェットを追加する画面で「Tasker」を選んだ状態の画像
    ウィジェットを追加する画面で「Tasker」を選んだ状態。「Task Shortcut」のアイコンが表示されるのでホーム画面へドラッグします。
  2. 「Task Selection」の画面に移行するで、ウィジェットのボタンから使用したいタスクを選択します。
  3. 選択したタスク内に画面が移動するので、その画面下部の中心にあるボタンから、ホーム画面に追加するボタンのアイコンを選びます。
    タスク内の画面下部の中心にあるボタンのが画像
    タスク内の画面下部の中心にあるボタン。このボタンをクリックしホーム画面に追加するボタンのアイコンを選びます。
  4. アイコン選択後、戻るボタンでホーム画面に移動すると、ホーム画面に選択したアイコンのボタンが追加されます。

以上が、ウィジェットでホーム画面にタスクを実行するボタンを追加する手順となり、ホーム画面に追加されたボタンをクリックすると、ウィジェットの設定で選択したタスクを実行することができます。

ウィジェットに追加すると便利に使えるタスク

以下のリンク先は、ウィジェットのボタンに追加すると便利に使えるタスクの設定例となります。

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。