【Tasker】ディスプレイの明るさを切り替えるタスクの設定例

AndroidアプリのTasker(タスカー)は、スマホの設定変更などの命令を、自動または任意のタイミングで行うことができる便利なアプリ。

今回は、スマホのディスプレイの明るさを切り替えるタスクの設定例となります。

また、作成したタスクをホーム画面のボタンから使用することも可能です。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

ディスプレイの明るさを切り替えるタスクの設定例

変数を定義

まず、タスク内の条件分岐で使用する変数を定義します。

以下が変数を定義する手順となり、例では変数名を%SwitchBright、値を0とします。

  1. VARSタブ内の画面右下にある「+」ボタン押すと、変数名を入力するダイアログが表示されるので、変数名を%SwitchBrightと入力し変数を定義
  2. VARSタブ内で定義した変数%SwitchBrightをクリックすると、変数の値を入力するダイアログが表示されるので値を0とする

今回は使用する変数名を%SwitchBrightと定義しましたが、新しく変数名を定義する際には、制約がありますので以下のリンク先を参考にしてみてください。

タスクを作成

次にタスクを新規作成します。作成するタスクでは、実行するごとに変数の値を判断・変更し、ディスプレイの明るさレベルを200と1で切り替えます。そして、その際に現在の明るさレベルを記したポップアップを表示させます。

以下、作成するタスクの設定の手順となります。

新規タスクを作成

TASKSタブ内の画面右下にある「+」ボタンを押すと、タスク名を入力するダイアログが表示されるので、今回の例では、タスク名を「明るさスイッチ」と入力し新規タスクを作成します。

タスクのアクションを追加し設定

新規タスクを作成すると「Task Edit」画面に移行するので、画面の右下にあるアクションを追加する「+」ボタンから、以下の順番でアクションを追加・設定します。

また、一つのアクションを設定し終えたら「戻る」ボタンで「Task Edit」画面に戻り、次のアクションを追加します。

  1. カテゴリー「Task」から「If」アクションを追加し、設定画面で「Condition」を「%SwitchBright = 0」とする
    アクション「If」の設定画面
    アクション「If」の設定画面。「%SwitchBright = 0」と設定します。
  2. カテゴリー「Display」から「Display Brightness」アクションを追加し、設定画面で「Level」を「1」とする
    アクション「Display Brightness」の設定画面
    アクション「Display Brightness」の設定画面。「Level」を「1」と設定します。
  3. カテゴリー「Alert」から「Popup」アクションを追加し、設定画面で「Text」の欄に「レベル1」と入力し、「Timeout」を「3」とする
    アクション「Popup」設定画面
    アクション「Popup」設定画面。「Text」の欄を「レベル1」と入力し、「Timeout」を「3」と設定します。
  4. カテゴリー「Variables」から「Variable Set」アクションを追加し、設定画面で「Nmae」の欄に「%SwitchBright」を、「To」の欄に「1」を入力
    アクション「Variable Set」設定画面
    アクション「Variable Set」設定画面。「Nmae」の欄を「%SwitchBright」と、「To」の欄を「1」と入力します。
  5. カテゴリー「Task」から「Else」アクションを追加
  6. カテゴリー「Display」から「Display Brightness」アクションを追加し、設定画面で「Level」を「200」とする
    アクション「Display Brightness」の設定画面
    アクション「Display Brightness」の設定画面。「Level」を「200」と設定します。
  7. カテゴリー「Alert」から「Popup」アクションを追加し、設定画面で「Text」の欄に「レベル200」と入力し、「Timeout」を「3」とする
    アクション「Popup」設定画面
    アクション「Popup」設定画面。「Text」の欄を「レベル200」と入力し、「Timeout」を「3」と設定します。
  8. カテゴリー「Variables」から「Variable Set」アクションを追加し、設定画面で「Nmae」の欄に「%SwitchBright」を、「To」の欄に「0」を入力
    アクション「Variable Set」設定画面
    アクション「Variable Set」設定画面。「Nmae」の欄を「%SwitchBright」と、「To」の欄を「0」と入力します。
  9. カテゴリー「Task」から「End If」アクションを追加し条件分岐を終了

上記アクションを追加し設定すると、タスクは以下の画像にあるアクションの並びになると思います。

今回の例で作成したタスクとアクションの設定画像
今回の例で作成したタスクとアクションの設定

タスクの動作確認

作成したタスクが正常に動作するかを確認するには、タスク内の画面下部の左端にある「再生ボタン」をクリックすることで確認できます。

タスク内(Task Edit)画面の下部
タスク内(Task Edit)画面の下部。タスクの動作確認は左端の「再生ボタン」をクリック。

今回の例では、ディスプレイの明るさを切り替えるタスクですが、設定を切り替えるスイッチのようなタスクを作成する場合は、今回のように、条件分岐を使い定義した変数の値を判断することで、簡単に作成出来ると思います。

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。