Taskerの変数について|変数名のルール・変数の使用例など

Tasker(タスカー)では、タスクやプロファイルで使用できる変数がありますが、今回はそのTaskerの変数についてのまとめです。

Taskerの変数について

Taskerでは「VARS」タブ内などで、自ら定義する変数を「ユーザー定義変数」といい、その変数名には以下のルールがあります。

ユーザー定義変数名のルール

  • 変数名の先頭の文字は%
  • 3文字以上の半角英数字とする
  • 変数名の最初と最後以外であれば、アンダースコア(_)を使える
  • 大文字・小文字が区別される
  • 「組み込み変数」の変数名は使用不可

組み込み変数について

Taskerでは、「ユーザー定義変数」とは別に、あらかじめセットされている「組み込み変数」があり、その変数名はユーザー定義変数では使用できません。

組み込み変数の変数名は、全て大文字となり、例えば現在の時刻を格納する %TIME や、最後の位置計測で得られた、緯度と経度を格納する %LOC などがあります。

その他の「組み込み変数」などは、以下のリンク先を参考にしてみてください。

日本語版 Tasker ユーザーガイド : Built-In Variables (組み込み変数)

グローバル変数とローカル変数

変数にはグローバル変数とローカル変数があります。

グローバル変数は、変数名に1つ以上の大文字を含む変数で、どのタスクやプロファイルからでも参照することができる変数となります。

ローカル変数は、変数名がすべて小文字の変数となり、その変数が使用されているタスク内からしか参照できません。(または、シーンイベントで実行されたタスクの場合は、そのシーン内からしか参照できません。)

変数の使用例

Taskerで変数を使用する例として、Wi-Fiと変数を使用し「自宅」と「外出」を判断をすることなどが可能です。以下のリンク先を参考にしてみてください。

参考サイトなど

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。