【Tasker】Wi-Fiと変数を使い「自宅」と「外出」を判断する設定例

AndroidアプリのTasker(タスカー)は、スマホの操作・設定変更の自動化などができる便利なアプリ。

今回は、そのTaskerで自宅のWi-Fiと変数を使い、現在の場所が「自宅」か「外出」かを判断するプロファイルを作成します。

この設定により、帰宅・外出した場合によってスマートフォンに設定変更などの命令をすることができます。

Wi-Fiと変数を使い「自宅」「外出」を判断

例で作成するプロファイルでは、自宅のWi-Fiに接続された場合に、ユーザー定義変数%MYLOCの値を0をセットするタスクを実行し、接続が解除されたら変数名%MYLOCの値を1をセットするタスクを実行します。

このプロファイルを作成することにより、%MYLOCの値を別のプロファイルの実行条件に設定し、帰宅時・外出時にスマホの設定変更をするタスクなどに利用できます。

また、記事内にはTaskerが日本語化されていない以前のバージョンの記載が含まれています。

変数をセットするタスクを作成

まずは、変数%MYLOC をセットする新規タスクを2つ作成します。例では、タスク名を「【変数】自宅」と「【変数】外出」として、セットする変数の値はそれぞれ以下とします。

  • タスク「【変数】自宅」は、変数%MYLOC に 0 をセット
  • タスク「【変数】外出」は、変数%MYLOC に 1 をセット

変数をセットするタスクを作成する手順

以下、タスク名「【変数】自宅」を作成する例となります。

  1. 「タスク」タブを選択します。
    TaskerアプリでTASKSタブを選択した状態の画像
  2. 「タスク」タブ内の右下にある「+」ボタンをタップします。
    Taskerアプリ下部の画像
  3. タスク名を入力するダイアログが表示されるので、タスク名を「【変数】自宅」として新規タスクを作成します。
    タスク名を入力するダイアログの画像
    タスク名を入力するダイアログ。タスク名を入力後、右端の「チェック」アイコンをタップ
  4. 新規タスクを作成すると「タスク編集」画面に移行するので、画面の右下にある「+」ボタンからタスクのアクションを追加します。
    「Task Edit」画面下部の画像
  5. カテゴリーが表示されるので「変数」>「変数を設定」を選択し、変数を設定の画面で「名前」を「%MYLOC」、「これに」を「0」とします。
    Variable Set画面で、Name を %MYLOC、To を 0 とする場合

上記がタスク名「【変数】自宅」を追加する例となります。

タスク名「【変数】外出」を作成する場合も同じ手順ですが、上記の手順内の変数を設定の画面で、「これに」の欄を「1」とします。

今回は使用する変数名を%MYLOC としましたが、変数名を指定する際には制約がありますので以下のリンク先を参考にしてみてください。

Wi-Fiの接続状態によって変数の値を変更するプロファイルを作成

次に、新規プロファイルを作成し、スマホが指定したWi-Fiに接続しているかを確認する実行条件を設定します。そして、そのWi-Fiの接続状態により、上記で作成したぞれぞれのタスクを実行します。

それにより、変数%MYLOCの値を変更して、現在の場所が「自宅」か「外出」かを判断します。

自宅のWi-Fiに接続した場合にタスク「【変数】自宅」を実行するプロファイルを作成

まずは、自宅のWi-Fiに接続した場合に、タスク「【変数】自宅」を実行するプロファイルを作成します。以下の手順が例となります。

  1. 「プロファイル」タブを選択します。
    TaskerアプリでPROFILESタブを選択した状態の画像
  2. 「プロファイル」タブ内の右下にある「+」ボタンをタップします。
    Taskerアプリ下部の画像
  3. コンテキストが表示されるので「状態」>「ネット」>「Wifi 接続」を選択します。
  4. Wifi 接続の設定画面のSSID欄に自宅のWi-Fi のSSIDを指定し「戻る」ボタンを押します。
    虫眼鏡のボタンから近くのWi-Fi を検索できます
    Wifi 接続の設定画面では、虫眼鏡のボタンを選択すると近くのWi-Fi を検索できます
  5. タスクを選択する画面が表示されるので、作成したタスク「【変数】自宅」を選択します。
    自宅のWi-Fiに接続した場合にTASK「【変数】自宅」を実行するPROFILEを作成した画像
    Wi-Fiに接続した場合にタスク「【変数】自宅」を実行するプロファイルを作成した画面

プロファイルを修正し自宅のWi-Fiから解除された場合にタスク「【変数】外出」を実行する設定

次に、上記で作成したプロファイルを修正し、自宅のWi-Fiから解除された場合にタスク「【変数】外出」を実行させます。以下が手順となります。

  1. 「プロファイル」タブに、作成したプロファイルがあるので選択します。
  2. コンテキスト「Wifi 接続」に設定されてるタスク「【変数】自宅」が表示されるので長押しします。
  3. メニューが表示されるので「終了タスクを追加」を選択します。
  4. タスクを選択する画面となるので、作成したタスク「【変数】外出」を選択します。
    PROFILEを修正し、Wi-Fiから解除された場合にTASK「【変数】外出」を実行する設定の画像
    プロファイルを修正し、Wi-Fiから解除された場合にタスク「【変数】外出」を実行する設定をした画面

以上の設定を行うことで、自宅のWi-Fiに接続すると変数%MYLOCの値が0となり、自宅を離れWi-Fiの接続が解除されたら変数%MYLOCの値が1となります。

Wifiと変数を利用して状態を判断するメリット

例では、「自宅」「外出」と2つの状態の判断しましたが、その場合、ユーザー定義変数を利用しなくてもプロファイルの「Wifi 接続」などでも状態の判断を行えます。

Wifiと変数を利用して状態を判断するメリットとしては、次のような判断を簡単に設定できます。

  • 今回のユーザー定義変数を別のWifi接続時にも変更して、「自宅」「外出」以外の状態を簡単に追加
  • 他のタスクやプロファイルの条件に、今回のユーザー定義変数を利用することで、「自宅」「外出」の条件を簡単に追加

「自宅」「外出」を判断するプロファイルの使用例

今回作成したプロファイルを利用して以下のリンク先にあるような設定ができます。

参考サイトなど

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。