【Tasker】帰宅時と外出時にスマホの明るさを自動で変更する設定例

AndroidアプリのTasker(タスカー)は、指定した条件により、スマホの設定変更などの命令を実行できる便利なアプリ。

今回はそのTaskerの設定例となり、帰宅時と外出時にスマホの明るさを自動で変更する例となります。

帰宅時と外出時にスマホの明るさを自動で変更する例

例ではスマホのディスプレイの明るさを、帰宅(自宅のWi-Fiに接続)するとレベル40に変更し、午前5:01から午後15:59までの間に外出するとレベル200に自動で変更します。

タスクの作成

まずは、帰宅時と外出時に実行するタスクをそれぞれ作成します。

帰宅時に実行させるタスクを作成

帰宅時に実行させるタスクではディスプレイの明るさをレベル40にします。以下、そのタスクを作成する手順となります。

  1. TASKSタブを選択します。
    TaskerアプリでTASKSタブを選択した状態の画像
  2. TASKSタブ内の右下にある「+」ボタンをタップします。
    Taskerアプリ下部の画像
  3. タスク名を入力するダイアログが表示されるので、タスク名を「帰宅」として新規タスクを作成します。
    タスク名を入力するダイアログの画像
    タスク名を入力するダイアログ。タスク名を入力後、右端の「チェック」アイコンをタップ
  4. 新規タスクを作成すると「Task Edit」画面に移行するので、画面の右下にある「+」ボタンからタスクのアクションを追加します。
    「Task Edit」画面下部の画像
  5. カテゴリー「Display」から「Display Brightness」アクションを追加し、設定画面の「Level」の欄を「40」に設定します。
    アクション「Display Brightness」の設定画面
    アクション「Display Brightness」の設定画面。「Level」を「40」とします。

外出時に実行させるタスクを作成

外出時に実行させるタスクでは、午前5:01から午後15:59までの間に外出するとディスプレイの明るさをレベル200にします。以下、そのタスクを作成する手順となります。

タスクを作成

  1. TASKSタブを選択します。
  2. TASKSタブ内の右下にある「+」ボタンをタップします。
  3. タスク名を入力するダイアログが表示されるので、タスク名を「外出」として新規タスクを作成します。

タスクのアクションを追加

新規タスクを作成すると「Task Edit」画面に移行するので、画面の右下にある「+」ボタンから、以下の順番でアクションを追加・設定します。「Task Edit」画面下部の画像

また、1つのアクションを設定し終えたら「戻る」ボタンで「Task Edit」画面に戻り、次のアクションを追加します。

  1. カテゴリー「Task」から「If」アクションを追加し、設定画面で「Condition」を「%TIME >5 OR %TIME<16」とします。
    アクション「If」の設定画面
    アクション「If」の設定画面。「Condition」を「%TIME >5 OR %TIME<16」とします。
  2. カテゴリー「Display」から「Display Brightness」アクションを追加し、設定画面の「Level」の欄を「200」に設定します。
    アクション「Display Brightness」の設定画面
    アクション「Display Brightness」の設定画面。「Level」を「200」とします。

「自宅」と「外出」を判断

今回の例では、帰宅時と外出時の判断をするために、以下のページにある「自宅」と「外出」を判断するプロファイルを使用しています。そのため、以下のページを参考に「自宅」と「外出」を判断するプロファイルを作成します。

帰宅時、外出時を実行条件とするプロファイルを作成

上記ページ内にある「自宅」と「外出」を判断するプロファイルを作成すると、帰宅時に変数%MYLOCの値に0がセットされ、外出時に変数%MYLOCの値に1がセットされます。

その変数%MYLOCを利用し、帰宅時と外出時を実行条件とするプロファイルをそれぞれ作成します。

帰宅時を実行条件とするプロファイルを作成

変数%MYLOCを使い、帰宅時にタスク「帰宅」を実行させるプロファイルを以下の手順で作成します。

  1. PROFILESタブを選択します。
    TaskerアプリでPROFILESタブを選択した状態の画像
  2. PROFILESタブ内の右下にある「+」ボタンをタップします。
    Taskerアプリ下部の画像
  3. カテゴリーが表示されるので「State」>「Variables」>「Variable Value」を選択します。
  4. Variable Valueの設定画面で、「Conditions」の欄を「%MYLOC =0」と設定し、「戻る」ボタンを押します。
    「Variable Value」の設定画面。
    「Variable Value」の設定画面。「Conditions」の欄を「%MYLOC =0」とします。
  5. タスクを選択する画面が表示されるので、作成したタスク「帰宅」を選択します。

外出時を実行条件とするプロファイルを作成

変数%MYLOCを使い、外出時にタスク「外出」を実行させるプロファイルを以下の手順で作成します。

  1. PROFILESタブを選択します。
  2. PROFILESタブ内の右下にある「+」ボタンをタップします。
  3. カテゴリーが表示されるので「State」>「Variables」>「Variable Value」を選択します。
  4. Variable Valueの設定画面で、「Conditions」の欄を「%MYLOC =1」と設定し、「戻る」ボタンを押します。
    「Variable Value」の設定画面。
    「Variable Value」の設定画面。「Conditions」の欄を「%MYLOC =1」とします。
  5. タスクを選択する画面が表示されるので、作成したタスク「外出」を選択します。

以上が今回の例の設定となります。

まとめ

今回の例のように「帰宅時」と「外出時」の2つの状態で設定変更するだけなら、プロファイルは1つでも対応できますが、例えば、他に「出勤時」などの状態を追加して3つの状態で設定変更したい場合に、それぞれのプロファイルを作成した方が簡単に設定できます。

そのため今回の例では、後から状態を追加したい場合、簡単に設定できるように「帰宅時」と「外出時」のそれぞれのプロファイルを作成しています。

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。