【Tasker】タスクのおすすめアクション|設定例・使い方

AndroidアプリのTasker(タスカー)は、指定した条件により、スマホの設定変更などの命令を実行できる便利なアプリ。

Taskerでは、スマホの設定変更などの命令を「アクション」、命令を順番にまとめたものを「タスク」といいます。

タスクのアクションはカテゴリーよってに分かれ、その中からアクションを探して追加・設定を行います。

今回は、そのアクションの中で個人的によく使うアクションのカテゴリーと、アクションの追加・設定方法のまとめとなります。

タスクのアクションを追加する方法

アクションを追加するためには、まず新規タスクを作成します。以下は、新規タスクを作成しアクションを追加する手順となります。

  1. TASKSタブ内の画面右下にある「+」ボタンを押すと、タスク名を入力するダイアログが表示されるので、任意のタスク名を入力し新規タスクを作成します。
  2. 新規タスクを作成すると「Task Edit」画面に移行します。そして、その画面の右下にある「+」ボタンからタスクのアクションを追加します。

タスクのアクションのカテゴリーと設定方法

以下、個人的によく使うアクションのカテゴリーと設定方法の例となります。

Wi-Fi、Bluetoothの設定【Net】

アクションのカテゴリー「Net」では、Wi-Fiや、Bluetoothなどのネットワーク関連のアクションを設定できます。

【例】Bluetoothをオンにするアクション

カテゴリー「Net」から「Bluetooth」を選択し、設定画面の「Set」の欄を「On」に設定

「Net」>「Bluetooth」の設定画面で「Set」を「On」に設定した画像
「Net」>「Bluetooth」の設定画面。「Set」の欄を「On」に設定した状態。

ディスプレイの明るさや消灯時間の設定【Display】

アクションのカテゴリー「Display」では、ディスプレイの明るさや、消灯時間など、ディスプレイ関連のアクションを設定できます。

【例】ディスプレイの明るさをレベルを40に変更するアクション

カテゴリー「Display」から「Display Brightness」を選択し、設定画面の「Level」の欄を「40」に設定

「Display」>「Display Brightness」の設定画面から「Level」を「40」に設定した画像
「Display」>「Display Brightness」の設定画面。「Level」を「40」に設定した状態。

LED通知やポップアップウィンドウを表示【Alert】

アクションのカテゴリー「Alert」では、LED通知やポップアップウィンドウの表示など、通知関連のアクションを設定できます。

【例】5秒間「スイッチオン」のポップアップウィンドウを表示するアクション

カテゴリー「Alert」から「Popup」を選択し、設定画面の「Text」の欄に「スイッチオン」と入力し、「Timeout」の欄を「5」に設定

「Alert」>「Popup」の設定画面から、「Text」に「スイッチオン」と入力し「Timeout」を「5」に設定した画像
「Alert」>「Popup」の設定画面。「Text」に「スイッチオン」と入力し「Timeout」を「5」に設定した状態。

変数を扱う【Variables】

アクションのカテゴリー「Variables」では、変数のセットなど、変数関連のアクションを設定できます。

Taskerの変数については以下のリンクを参考にしてみてください。

【例】変数 %MYLOC に値 0 をセットするアクション

カテゴリー「Variables」から「Variable Set」を選択し、設定画面から、「Nmae」の欄に「%MYLOC」を入力し、「To」の欄に「0」を入力。

「Variables」>「Variable Set」の設定画面から、「Nmae」の欄に「%MYLOC」を入力し、「To」の欄に「0」を入力した画像
「Variables」>「Variable Set」の設定画面。「Nmae」に変数「%MYLOC」を入力し「To」に値「0」を入力して、変数をセットした状態。

タスクの条件分岐や停止などの設定【Task】

アクションのカテゴリー「Task」では、条件分岐や、一時停止などのタスクのフロー(流れ)を制御するアクションの設定ができます。

【例】アクションを実行させる条件を、「18時より後か、4時より前の間の時刻」とする設定

カテゴリー「Task」から「If」を選択します。

現在の時刻が格納されている組み込み変数 %TIME を使い、「If」アクションの設定画面の「Condition」を以下のとおり設定します。

「時刻が18時より後」を表す式として、「%TIME > 18」、「時刻が4時より前」を表す式として、「%TIME < 4」を設定します。そして、条件をそのどちらかの場合が成立した場合としたいので、2つの式を論理演算子の「OR」で繫げます。

「Task」>「If」の設定画面から、「Condition」を設定した画像
「Task」>「If」の設定画面。「Condition」で条件を設定した状態。

【例】タスクを2秒間停止させるアクション

カテゴリー「Task」から「Wait」を選択し、設定画面の「Seconds」欄を「2」に設定します。

「Task」>「Wait」の設定画面から、「Seconds」を「2」に設定した画像
「Task」>「Wait」の設定画面。「Seconds」を「2」に設定した状態。

HTTP通信を実行【Net】

アクションのカテゴリー「Net」では、HTTP通信などのネットワーク関連のアクションを設定できます。

【例】HTTP POST リクエストを実行

カテゴリー「Net」から「HTTP Post」を選択し、設定画面の「Server:Port」にリクエストURIを入力し、「Data/File」に、送信したいデータを入力します。

「Net」>「HTTP Post」の設定画面
「Net」>「HTTP Post」の設定画面。「Server:Port」にリクエストURIを入力し、 「Data/File」に、送信したいデータを入力します。

JavaScriptを実行【Code】

アクションのカテゴリー「Code」では、JavaScriptの実行など、ソースコード関連のアクションを設定できます。

【例】JavaScriptを実行(ソースコードを記述する場合)

カテゴリー「Code」から「JavaScriptlet」を選択し、設定画面の「Code」の欄へ実行させるソースコードを入力します。

「JavaScriptlet」の設定画面では、ソースコードを記述しづらいので、あらかじめ他で記述したJavaScriptのソースコードをコピペするのがおすすめです。

「Code」>「JavaScriptlet」の設定画面
「Code」>「JavaScriptlet」の設定画面。「Code」の欄に実行させたいソースコードを入力します。

【例】JavaScriptを実行(ファイルを指定する場合)

カテゴリー「Code」から「JavaScript」を選択し、設定画面の「Path」の欄へ実行させるJavaScriptファイルのパスを指定します。パスは虫眼鏡アイコンから、ファイルを検索し指定できます。

「Code」>「JavaScript」の設定画面
「Code」>「JavaScript」の設定画面。「Path」の欄へ実行させたいファイルのパスを指定します。

今回紹介したアクション以外にも、Taskerには、たくさんのアクションがあります。詳細は、以下の参照サイトを確認してみてください。

アクションの設定画面で、よく見るアイコンについて

タスクのアクションによっては、設定画面で以下のアイコンをよく見ると思いますが、用途は次のとおりとなります。アクションの設定画面によくあるアイコンの画像

  • 左側のアイコンは、クリックすると指定できる変数を選択することができます。
  • 右側の虫眼鏡のアイコンは、クリックするとファイルを選択することができます。

参照サイト・書籍

コメントまたはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。Twitterで返信する場合はコチラから。